100%完璧な人間はいない!人間関係が原因でうつ病になるのか?

うつ病の原因として一般的に知られているのが「ストレス」です。

ストレスと聞くと、仕事や勉強でのものを思い浮かべる方も多いでしょうが、必ずしもそれだけはありません。

普段の生活でもストレスが?

ストレスとは、もともと「物体にかかる圧力による歪み」という意味があります。つまり、心身への負荷によって生じる負担は、全てストレスとしてみることができます

例えば、普段の生活の中で感じる「辛い・悲しみ・寂しさ・怒り」といった感情です。このような感情が湧く場面としては、人間関係が関わっていることが多いのではないでしょうか。

実際に、人間関係はうつ病を誘発する原因のひとつとして挙げられることがあります。

相手に気を遣うことがストレスに

ご自身の人間関係状態を少し思い浮かべてみて下さい。家族、親せき、友人、学校の人、会社の人、取引先の人、恋人など、思い浮かべてみると1日に何人もの人と接しているでしょう。

接するときは、何かしら相手に気を使いながら話をしているはずです。誰にでも100%自分の言いたい事を言う人など、そうそういませんね。

このような相手に気を遣うという事も、小さなストレスと言えます。

しかし、日常生活を送る上でこのようなストレスを一切なくすというのは無理な話です。つまり、みんな大なり小なりのストレスを抱えながら人間関係をこなしているのです。

なぜ人間関係がうつの原因に?

ではなぜ、人間関係がうつ病の原因となることがあるのか。これは、人によってストレスの感じ方や性格に違いがあるためです。

特に、誰からも好かれようと無理をして自分を作っていたり、自分が我慢すればうまく行くと考えるクセがついていたりすると、その傾向は強くなると考えられます。

また、同じように人間関係で嫌な思いをしても、すぐに忘れることができる人もいれば、あの時ああすればよかったといつまでも後悔し続けるなど、ストレスの感じ方は人によっても異なります。

ただし、うつはこころが弱いからなるというわけではありません。社会生活を送る中で、人間関係は欠かせないものです。

しかし、何もあなた1人が我慢しすぎる必要はないでしょう。100%完璧な人間などいません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ