実際にどうやるの?うつの認知療法の診察の流れについて

うつに効果があるとされる認知療法。考え方を修正していって、うつを治療するという方法です。

実際にうつに効果も認められ、保険診療の対象にもなっています。しかし、認知療法を受けてみたいと思っても、なかなか実態がよくわからないですよね。

実際、どのような流れで認知療法は行われているのでしょうか?

誰が認知療法をしてくれるか

認知療法を行うのは、精神科医、臨床心理士、カウンセラーなど様々です。この資格があれば認知療法を行えるというものではありませんが、多くは医療の資格を持ちつつカウンセリングの研修などをしっかり受けた方が担当されています。

どの病院やクリニックで認知療法を行っているかは、ウェブなどでも調べられます。グループでの治療、個人での治療とどちらも設定されている病院が多いですが、最初は個人のほうが良いでしょう。

認知療法は何から始めるのか

うつの認知療法は、まずは、カウンセリングから始まります。カウンセラーは患者の話をよく聞きます。

何が辛いのか、どう辛いのかなど、最初はとにかくじっくりとカウンセラーは聞き役となって話を聞いてくれます。そして、患者の認知の歪みがどのようなものかを導き出していきます

話をしやすい雰囲気になったら、今度はテーマを設定して話をしていきます。毎回テーマを決め、その解決策を探していくのです。

カウンセラーと患者とで、問題の原因、感情の流れ、ストレスをどのような時に受けるのかなどを話していくことで、患者自身が認知の歪みを理解していきます。

認知療法のやり方

認知療法にはいくつもやり方があります。代表的なものにはコラム法というものがあります。

コラム法では、出来事から感情、思ってしまうこと(自動思考)、認知の歪みなどを表にして書き記していきます。カウンセラーによってコラムの数や項目なども違ってきますが、目的は認知の歪みに気付くことです。

うつの認知療法では自分自身の認知、感情と行動を解体して、この場合はこうすれば良い、こう考えれば楽だということを訓練していくのです。

認知療法は時間はかかります。しかし、根本的な問題を解決してくれます。一度話を聞きに行ってみてはどうでしょうか。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ