うつ病で休職するのはどんなとき?ストレスと仕事の関係!

うつ病になってしまったときに問題となってくるのが、仕事を続けられるか…ということでしょう。病状にもよりますが、うつ病はストレスが大きな原因です。ストレスを抱えたままでは病気は治りません。特に職場に何らかのストレスがある場合は働き続けるのが難しくなってくるでしょう。

うつ病の治療には休養が欠かせません。そういった意味でも、うつ病の状態やストレスの原因をよく医師と相談し、休職して治療することも視野に入れる必要があります。休職するかどうかの判断、休職手続き、復帰するまでについてまとめました。

うつ病とストレスの関係!どうして病気になるの?

うつ病になる原因にはストレスが大きく関係しています。ストレスには様々な要因があり、人によってその感じ方も違います。ただ、ストレスが溜まりすぎてしまって耐えきれなくなってしまい、脳が疲れ果てて、うまく機能しなくなるとうつ病を発症する可能性が高くなります。

仕事が原因でうつ病に?仕事のストレスが引き金に!

うつ病のストレスの原因として非常に多いのが仕事のストレスです。長時間労働や過重労働、職場の人間関係などの他にも、様々な要素が絡み合ってストレスを引き起こし、それが引き金となってうつ病を発症する場合があります。仕事でのストレスを溜めこむことでうつ病になることが多いのです。

仕事でストレスになりやすいのは?主な原因7つ!

仕事でのストレスが原因となってうつ病になることも多いですが、具体的にどういったことがストレスとなるのでしょう?

    <仕事上のストレスになりやすい原因>

  • 上司や部下、同僚との人間関係
  • リストラ
  • 昇進、降格
  • 長時間労働、過重労働
  • 配置転換
  • 業務内容などの変更
  • 新たなシステムへの不適合

うつ病と診断されたら!仕事は続けられるか?

耐えられるストレス?

強いストレスが原因でうつ病になった場合、そのまま仕事を続けていけるでしょうか?現状をまったく変えず、ストレスを抱えたまま仕事を続けるのはたいへんに困難でしょう。

特にうつ病になると、ストレスに対する耐性が極度に低下します。うつ病の原因となった環境をまったく変えず、うつ病発症前と同じように仕事をするのは難しいでしょう。

?

能力の低下にどう対処?

うつ病になると、脳内伝達物質の機能不全により、心身のいろいろな機能がうまく働かなくなってきます。仕事をする業務能力である、判断力、記憶力、行動力、決断力といった機能も必然的に低下してきます。コミュニケーション能力も阻害されてきます。

会社内での問題は?

うつ病になると、様々な能力の低下により仕事上のミスが多くなったり、仕事の能率が上がらず期限が守れなくなったり…などといった弊害が現れてきます。本人の問題としてだけでなく、会社内の問題として対応を迫られることも考えられます。

不安に対処できるか?

うつ病のまま仕事を続けていると、当然本人自身も能力の低下などを自覚せざる負えなくなります。うつ病自体に対しても大きな不安を抱えなければならない中、その上、仕事上の様々な不安に襲われることになります。

悪循環が起こる!

仕事を続けられるか、昇進や昇格はどうなるか、経歴に汚点が残るのではないか、クビになるのではないか…といった、様々な不安が次から次へと押し寄せてきて、さらに新たな不安が生まれるという悪循環に陥っていきます。そして、そういった不安がますます病気を悪い方向へ進めていく可能性も高いです。

うつ病になったら仕事はどうする?休職の判断!

うつ病は脳の機能不全による病気です。こころの病気と思われがちですが、気力や根性ではどうにもなりません。脳の機能を改善させないと治りません。うつ病はストレスが原因となり脳内伝達物質の機能が低下しているので、脳の機能を正常な状態に戻してあげるには、原因となっているストレスを排除、軽減していかなければなりません。

ストレスを遠ざけるためにはある程度の休養が必要になってきます。そのストレスの原因が仕事である場合は、特に「休職」を視野に入れなければならなくなります。

うつ病で休職するには?どんな手続が必要?

うつ病になり休職する場合、どのような手続きが必要となるでしょうか?

まずは会社に伝える

うつ病で休職しようとする場合、まずは会社側に病状を伝えなければなりません。上司などに相談するときに、うつ病の診断書を予め医師に書いてもらうなどの準備をして説明すると、会社側の理解も得られやすくなります。まずは上司に休職を打診しましょう。

必要書類を用意する

休職の許可が得られた場合は、必要な書類を準備して、会社に提出します。書類が受理されれば、会社の就業規則に基づいて、正式に休職することができます。

    <休職に必要な提出書類>

  • 休職届け
  • 診断書
  • 傷病手当金関連の申請書類

焦らずしっかり休養する

休職期間に入ったら、一旦会社のことは置いておいて、治療に専念しましょう。規則正しい生活を心がけ、ゆっくりと休養するようにしてください。少し良くなったからといって、復職したりしようと無理をすると、かえって病状が悪化する可能性が高いです。医師やカウンセラーなどとよく相談をし、職場復帰を焦らないようにしましょう。

休職中はどうすればいい?なにか保障ってあるの?

一般的に、休職中の賃金は支払われないことが多いようです。まずは会社の就業規則を確認したり、総務や労務などの担当組織に確認しましょう。休職中に無給になることに不安になると思いますが、それを補うために「傷病手当金」の支給制度があります。

これは会社ではなく、健康保険の制度の一部です。給与の2/3程度が毎月支払われます。期間は最長1年半ですが、申請の手続きが必要です。手当を受け取るための条件もありますから、休職前に確認しておきましょう。

休職期間から職場復帰へ!どうすればいい?

仕事に復帰するには、まずは本人が回復したという自覚があり、仕事復帰への意欲があることが重要です。その上で、主治医と産業医に医学的にみて職場復帰が可能かどうか判断してもらいましょう。

また、ストレスが休職の原因なので、会社側がそれを配慮して、どのように職場復帰の条件を整備してくれるかも問題になってきます。まったく同じ条件で働くことは、同じストレスがまたかかってくることになりますから、何らかの配慮が必要となってきます。そういったこともしっかりと相談してから職場復帰に望んでください。

まとめ

うつ病の原因となるストレスは、仕事上の人間関係を含め、長時間労働や過重労働等、多種多様にあります。もしそれらが原因でうつ病になってしまった場合は、脳内が機能低下を起こしている病気ですから、ストレスから離れ、休養して、脳内機能が正常に働くようにしなければなりません。

そういった意味で、ストレスの原因から少し離れるためにも「休職」するのが、早く、安全に病気を治す方法でもあります。本人が医師、会社と休職についてよく相談し、合意の上で治療に当たることが、その後の復職のためにも、もっとも重要となってきます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ