注意!甘いものを取りすぎるとうつ病が悪化する!

UaGy1HYRRu甘いものの食べ過ぎとうつ病には、深い関連があります。

脳内物質のセロトニンは神経伝達をつかさどる物質なのですが、これが不足することで正常な思考や感情がゆがめられてしまうことがあります。

もともと人間は、さびしい、希望を失ったという落ち込みを経験した時に、食べて気分を紛らわすという知恵を持っています。チョコレートやケーキといったスイーツも気持ちを慰めてくれる効果があります。

食べすぎると弊害

しかし、そうしたものを食べ過ぎてしまうといろいろ弊害が多いのです。カロリー過剰から肥満を招くこともあげられるでしょう。また、糖質過剰からインシュリンが分泌され、脳内への影響からイライラやうつを発症してしまうこともあるのです

依存症も

チョコレートやアイスクリームなどの依存症という言い方もあるようで、お菓子類をどうしてもやめられないといいます。心の空虚感をなにか別のもので埋めようとする時に、人は依存症に陥りやすくなります。

脳内のセロトニンが足りない人がチョコレートを食べても、セロトニンは分泌されません。ドーパミンという別の物質が出るだけです。

一度の幸福感で

一時的な幸福感を味わってしまったあとで、また以前の空虚感に戻ると「またチョコレートを食べれば気持ちが落ち着く」と思い、いつまでも埋められない心を抱えたままチョコレートに溺れていってしまうのです。

甘いものの食べ過ぎとうつ病を併発しているならば、自分の精神的な偏りを見つめてみることが助けになるかもしれません。

思考の改善

  • 「なんでも上手にこなしていかなければならない」という完ぺき主義。
  • 「ちょっとうまくいかなければ無意味だ、物事は100%達成されるか0%で終わるかどちらかだ」という極端な思考。
  • 「愛されるためには他の人より何かで秀でていなければならない」という成果主義。

こうした偏った思考が甘いものに引きずられてうつ病を悪化させているなら、思考の改善から着手してみてはどうでしょうか?「チョコレートを食べてはいけない」とわかっていても止められないと弱い自分を責めては逆効果です。

人間は元々そんなに強い存在ではありません。
心の空虚さがすこしずつ埋められていけば、チョコレートへの渇望そのものが減ってくるかもしれないのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ