厚生労働省はうつ病を「4大疾病」に組み込み医療体制を拡充

厚生労働省は「医療計画の見直し等に関する検討会」で現行の「4疾病5事業」からうつ病を加えた「5疾病5事業」としてうつ病をはじめとする精神疾患を新たに加える医療体制を検討しています。

「4疾病5事業」とは?

「4疾病5事業」とは主要な医療問題を区分ごとに適切に医療サービスが行われているかの数値目標を設定する物を指します。

以下の図は4疾病5事業に分類されているものです。

現行の4疾病5事業
4疾病 がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病
5事業 救急医療、災害時における医療、へき地の医療、周産期医療、小児救急医療を含む小児医療、その他

 
精神疾患の患者は全国で300万人以上いると言われており、うつ病への対策の重要性が検討会でも多く指摘されています。

4大疾病にうつ病を入れて認知度を上げて、早期治療への促進を図ることはとてもいいことです。潜在的にうつ病を抱えていても、自分では認識できずに苦しい状態が続く人は多いですから。

地域で医療拡充されて精神科や心療内科を受診する敷居が下がるのはいいことだと思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

5 Responses to “厚生労働省はうつ病を「4大疾病」に組み込み医療体制を拡充”

  1. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。今日は病院受診でした。今の自分は抑うつと不安焦燥感で薬飲んでます。やる気がなく、それでいて不安…ただ、新しい環境 ワークライフバランスがある仕事、やりたい事 もう介護はやらない事 それが出来たらいいなぁ~と夢見て思っていると楽になります。

    • Yuki より:

      >川地憂鶴さん

      やる気がない時はゆっくり休むのが一番です。
      介護以外の仕事が見つかるといいですね。

  2. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。先の不安 社会復帰新たな環境の事が頭いっぱいで苦しそうなることがありますが、そんな時は休んでいます。気持ち晴れやかな日が来ますかね?

    • Yuki より:

      >川地憂鶴さん
      気持ち晴れやかな日は必ず来ますよ。
      私も昔は川地さんのように晴れやかな日は来ないと思っていましたが、今ではとてもいい状態で毎日を過ごしています。

  3. 川地憂鶴 より:

    返事 ありがとうございます。自分には家族とこのサイトが今は安心できる事です。まだまだ焦り不安はありますが、いい報告をYukiさんにできる事を望んでいます。また、お邪魔しますのでよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ