寒い季節は「季節性うつ病」に注意!

11月になって大分寒くなってきましたね。こんな季節になるとなんだか気持ちも憂うつになる人が増えてくるんじゃないでしょうか。

精神科医のゆうきゆう先生(ゆうメンタルクリニック総院長)はインタビューで「心理学の研究では“身体の温かさ”と“心理的な温かさ”には密接な関係があるとされ、気温が下がるにつれ気持ちが落ち込むと言われています。

しかし、強い落ち込みが続く場合には『季節性うつ』を疑う必要があります」(web25)と取材で答えています。

季節性うつとは?

季節性うつ病と言うのは、主に冬になると訪れる症状です。日照時間が体に与える影響があると言うことは「うつを改善する光療法とは?」でも書きましたが、日照時間が減ることにより太陽に当たる時間が減って生活リズムに変化が起こり、憂鬱になる可能性が高まります。

これは、太陽の光が少なくなり脳内物質のセロトニンの活動が鈍くなるためです。北欧の国にはよく「季節性うつ病」の人が多いと言われています。寒くなると熊などは食料をいっぱい食べて冬眠に入りますが、人間は冬眠にはなりませんが、過食、過眠で体力を温存しようとします。

季節性うつへの対処法は?

そこで、「なぜ光療法でうつが改善できるのか?」で紹介した、光療法によって疑似的に太陽を浴びる事で体調を整えることが出来ます。これによってセロトニンの活動を活発にして憂鬱な気分を払しょくするように心がける必要があります。

冬になると何かと家に閉じこもりがちになりますが、なるべく外に出て曇りがちでも少しの太陽を浴びて体調を整えることが重要です。なんだか、冬になると憂鬱になる方、是非光療法試してみる価値はあります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ