滋賀県で自殺防止のネットワーク「GPネット」活動

うつ病は早期発見、早期治療が重要と言われています。

滋賀県でのニュースですが、一般医師と精神科医師がネットワークを作り自殺防止を呼び掛ける取り組みを始めています。

GPネット

「GPネット」と呼び名を付けたようです。

G:General Physician(一般医師)
P:Psychiatrist(精神科医師)

の略です。

一般医師、おそらく内科などを指しているのだと思いますが、体の体調が悪い時は普通内科に行きますよね。

でも、内科の医師では精神的なことによる体調不良がわかりません。なので、結局原因がわからないままなんだか体調が悪いと言う事態が続いてしまいます。

確かに、なかなかいきなり精神科にかかるのは難しいです。私自身精神科にかかるまで精神科って何?って思ってました。危ない人が行くところなのかと・・・

そんな認識なので一般医師と精神科医師がネットワークを作って、原因不明な体調不良の人に積極的に精神科への受診を促すのは大変いいことだと思います。

活動自体はなかなか進んではいないようで研修会を実施しているようですが「研修に参加する一般医師は全体の半分にも満たない」そうです。残念です。

「GPネット」の活動応援します。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ