抗うつ剤による自殺防止のため、医師と薬剤師の連携強化へ

茨城県で精神科の医師とその調剤を行う薬剤師の連携強化の研修が初めて開かれました。

精神科にかかっている患者が抗うつ剤などの向精神薬を大量にのんで自殺を図る例が多いと言うことを先日、厚生労働省の自殺・うつ病等対策プロジェクトチームが報告を行いました。

薬を飲んでも自殺は出来ないから止めよう

せっかく治そうと思って病院を受診しているのにそこで服用される薬を飲んで自殺を図ってしまうと言うのはとても悲しい話です。

薬を飲んでも実際は自殺するのは難しいです。成功率は1%にも満たないと言われています。

むしろ苦しんで結局自殺を図ることが出来ず病院でそれを全部吐き出す治療を受けなくてはならず、その治療はとてもきついと聞いています。

処方している薬で自殺を図るのは絶対止めましょう。

自殺を図った患者の多くは複数の病院で抗うつ剤の処方をしてもらい、その薬を溜めて自殺を図るケースが多く、そのようなケースがないかチェックする機能が必要です。

各医療機関とその調剤をする薬剤師のネットワークづくりも必要になってくると思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ