イクメンは母親のストレスを軽減し子供との時間を持てます

イクメン最近流行の「イクメン」。

今まで奥さんに任せっきりだった育児を夫も共同行う人を「イクメン」と言い最近この言葉が出来ました。

父親の育児参加を促進するNPO法人ファザーリング・ジャパンが沖縄で「イクメン」を広めるイベントを10月1、2日に開催しました。

2日間にわたって開催されて、厚生労働省イクメンプロジェクト推進チーム座長の安藤哲也さんは「子育てパパは仕事もできる。みんなが気持ちよく働くと家族も笑顔になり、ワークライフ・シナジー(仕事と生活の相乗効果)が生まれる」と語り、夫婦共々育児を大切にして行くことの大切さを説明しました。

育児は重労働

家事、育児は母親にとって大変重労働です。旦那さんも確かに大変です。毎日会社まで1時間以上の通勤、会社では上司にヘコヘコなくちゃいけないし、サービス残業だって当たり前。

でも、何と言っても土日祝日はとりあえず仕事から解放されて、ゆっくり自分の時間を持てます。しかし、主婦はそうはいきません。365日休みなく仕事をしなくてはいけません。これは大変なことです。

イクメンこそが日本を救う救世主になると思っています。保育園にスーツで子供を迎えに行くことがかっこよくなる時代が来れば素晴らしいですね。

母親のストレス軽減

母親のストレス軽減、精神状態の両行は引いては子供の成長に必ずいい影響があると思います。精神状態が良くない母親だと子供は不安感を持つことはなんとなくわかりますよね。また、父親にもいい影響があると思います。

確かに負担は増えますが、子どもと接触する時間が増えれば、その分仕事を早く切り上げることもできます。そうすれば、仕事の能率を上げて早く変える努力ができる。それが当たり前になれば、自然と定時で帰るのが当たり前の社会が来る可能性があります。

男性の皆さん、是非「イクメン」を目指して育児にも積極的にかかわりましょう。また、もう子育てが終わったお父さん!是非イクメンの部下を応援してあげてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

3 Responses to “イクメンは母親のストレスを軽減し子供との時間を持てます”

  1. 川地憂鶴 より:

    育児、大変な部分もありますが楽しいですね。自分も今休養中で子供たちの育児は楽しくやっています。休養中になったのもサービス残業が毎日あり、仕事行くのも今日は何時にかえれるか?そんな事ばかり考えてしまい、時にはイライラして子供たちにあたった事もあります。だから、職場復帰しても変わってないと不安でまたか!との気持ちが重いです。仕事と家事、育児をうまくやっていきたいから復帰より、転職を考えています。

    • Yuki より:

      > 川地憂鶴さん
      環境を変えてみるというのはとてもいいことだと思います。
      よくうつの時は思い切った決断をしない方がいいと言いますが、
      それは動くこともできなくなった時の話で、
      十分休んで思考能力が回復したら自分で考えて決断をするのはとても大事です。

      • 川地憂鶴 より:

        ありがとうございます。焦りと不安は消えませんが、もうなるようになれ!って気持ちです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ