電気けいれん療法でうつ病は治るのか?

うつ病は大変つらい病気です。安心できない。ホッとできない。絶えず自分を責めていると、それだけで感情が疲弊してしまいます。

薬物療法や認知療法、森田療法とさまざまな療法がある中で、電気けいれん療法が最近注目されています。こめかみに電気を流してけいれんを起こすことでうつ症状を軽くするという方法です。

ショックを受けないで!

ここでショックを受けた方もいらっしゃるかもしれません。
「あの、電気をからだに流して激しくけいれんさせる電気ショック療法ってやつ?恐ろしい!」

19世紀から1970年代まで行なわれていたECTと呼ばれるものは、確かにそうした治療法でした。「カッコーの巣の上で」「ビューティフルマインド」といった映画の中でも、そうしたシーンがみられました。

mECT(修正型電気けいれん療法)とは?

しかし、現在行なわれているのはmECT(修正型電気けいれん療法)という療法です。以前のECTでの副作用を修正して改良された療法です。現在日本の病院でも、うつ病患者の治療にこのmECT(修正型電気けいれん療法)が使われています。

mECTでは筋弛緩剤を使用して筋肉を弛緩させてから治療を施すので、全身のけいれんは起きません。全身麻酔下での治療ですので、患者は眠っているうちに治療を受けることができます。また、治療中に麻酔科医がしっかり管理していますので、呼吸障害が起きることも予防されています。

副作用は?

副作用として、治療後一時的に軽い記憶障害が残るといわれています。また、筋肉痛のような痛みや頭痛がみられるようです。

実際にうつ病に苦しんでいる患者さんの中には、電気けいれん療法で症状が軽くなるケースがかなりみられています。

自分に合う治療法を探すためにもいろいろ試してみよう!

うつ病はなった人にしかわからないと思いますが、精神的な戦いだけでエネルギーを本当に消耗してしまうのです。散歩や買い物といった軽い日常生活さえ、難しくなることがあります。

精神科や心療内科で受診をしても、いろんな療法がありどれが自分に合っているのかは試してみなければわかりません。薬を服用する薬物療法も、軽い薬から始めるとしても効果がみられないとだんだん強い薬へと移行していきます。

自分に合った薬が見つかったとしても、何年か服用しているうちに効き目がなくなってきてしまうこともあるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ