1人で出来るうつ病を回復させる方法

回復した人本当にうつ病を回復させる方法はあるのでしょうか?

うつの初期であれば特別な治療が必要な訳ではなく、薬を飲んで休息を取るなど、適切な治療をすれば治ります。ただ、うつ状態を長期間ほうっておくと、症状が悪化しますので、他の病気と同じで、早期発見、早期治療が必要です。

自分でうつ症状を感じる、または周りから指摘されたら、1人で考えこまずに専門医に相談してみて下さい。病状がひどくなければ、6ヶ月から1年位で回復が見られ、以前のように仕事や家事がこなせるようになります。

ただ、うつ病は再発しやすい病気ですので、医師の指示通りに薬を服用し、これまでのライフスタイルを見直すことも必要でしょう。

ライフスタイル見直しの具体的な対策は?

具体的な対策として雑誌News weekの「ストレスに勝つ100の方法」という掲載記事から抜粋してみます。

  • 嫌なこと、出来ないことを上手に断る方法を身に付ける
  • 周囲を気にせず、思ったこと、感情を正直に表現する
  • 時には妥協することを学ぶ
  • ストレスを感じたら一時的に逃避し、一人きりの時間を持つ
  • 日記をつけたりノートに思っていることを書き出して整理する
  • 昔を思い出したり、楽しいイメージを持つようにする
  • イヤな相手と仕事する時は相手の面白い面を探すなどポジティブシンキングの習慣を付ける
  • 大声で泣く、笑う、エクササイズで身体を動かすなどストレス対処法

が挙げられています。

確かに気分の落ち込みを回復させる方法だと思います。

今、注目されている1人でもできる治療法は?

さらに今、精神医療の分野で注目されているのが認知行動療法で、その1つである曝露療法がうつ病やトラウマの症状を回復させる方法として脚光を浴びています。アメリカ兵士のPTSD(心的外傷後ストレス障害)治療に効果があり、治療のステップがうつ病患者にも有効であることが分かって来ています。

まず、安心感を得られる状態で、心に傷を受けた出来事を思い出し、その時の感情を感じることで、感情に慣れが生じ、気持ちが落ち着いて感情に捉われることがなくなります。「安心出来る状況でネガティブな感情を感じる」療法は、自分一人でも行うことが出来ます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ