仕事をしながらうつ病を治すための3つの方法

うつ病うつ病の症状の重さには個人差がありますが、人によっては体を起こすことさえ辛く、仕事をするのさえままならなくなってしまうこともある、怖い病気です。

ですが、うつになってしまったとは言え、生活のためなどでそう簡単に仕事を休めないという人は少なくありません。

そんな時は、うつの症状と上手に付き合いながら、無理の無い範囲で働き続けることになります。うつの症状と闘いながら、働いている人はたくさんいます。そんな人達が経験からおすすめしている、いくつかのポイントについてまとめてみます。

方法1:職場にはできるだけオープンにする

うつ病は外から見えるはっきりとした症状がなく、また体調の変化にも大きな波があるため、何も知らない人からはなかなか理解が得られない病気です。

病気を隠したまま働いていると、サボりだと思われたり、上司から叱責を受けたりするかもしれません。そうならないためにも、できるだけ病気のことは職場の人に理解してもらえる方が良いでしょう。

方法2:焦らずに治療を続けよう

うつ病の治療には、一般的に比較的長い時間がかかると言われています。また、一度は症状が改善したと思っても、何かのきっかけですぐに再発してしまうこともあり、これで完治です!という目安が非常に分かりにくい病気でもあります。

症状の変化に一喜一憂していると、いつまでも治らないことに焦りを感じ、それがストレスとなってさらにうつ病の症状が進んでしまうこともあります。焦らずに、気長に治療を続けていく心構えが必要です。

方法3:できることから始めよう

うつになってしまうと、周囲と同じように仕事をこなせないことに焦りや後ろめたさを感じてしまうことがあります。こうした気持ちの変化は、うつにとって大きな敵です。

大切なのは、どんな小さなことでもいいので、自分にできることからスタートしていくことです。そうすることで、自分の中に少しだけとはいえモチベーションも生まれ、気分を高める結果につながります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ