中川家剛がパニック障害に!現在は回復にどうやって克服したか?

パニック障害の克服は周囲に自分の症状を伝える事から始まります。一時はパニック障害が原因で、芸能界の引退を決意された時期があるほど追いつめられた状態になっていました。

しかし、周囲の人から「このままでいい」というメッセージを受けとることで回復されて、今もまた漫才師として一線で活躍されてます。

舞台に立つ緊張からパニック障害に

中川家剛さんは、中川家の漫才のネタ作りを担当されていて、結成当初はつっこみを担当していました。その後、剛さんのパニック障害の影響で、剛さんは少しでも負担を減らすためにボケを担当になりました。

しかし、人気が出れば出るほど、不安や恐怖心が増していき、ついには自分の順番がきても舞台の袖から出られないということもありました。

また、エレベーターや電車など自由のきかない閉鎖的な場所もいられなくなってしまい、移動ができなくなってしまいます。次第に出演番組も減っていき、ついにはレギュラー番組がなくなってしまい危機的な状態になってしまいました。

M-1グランプリで優勝した

中川家剛さんは、これ以上は自分のパニック障害が原因で、弟の礼二さんに迷惑をかけられないと思い芸能界の引退を決意します。すると弟の礼二さんから「お前とじゃなきゃ、やっている意味がない」と励まされて、M-1グランプリでグランプリに選ばれたのです。

また、自分がパニック障害であることを様々な先輩が知ると「しゃべれないなら、喋らなくてよい」といってもらえて、気持ちが楽になり、このままの自分でやっていく決意とともにパニック障害も症状が和らいできました。

気がついたらパニック障害が治っていた

中川家の剛さんは、病院からパニック障害を落ち着かせる精神安定剤などを処方されていました。薬をもらい忘れていた事に気がつき、電車に乗って急いで病院にいきました。

すると医師から「電車にも乗れて普通にこられたじゃないですか。もうこなくていいです。」と言われたのです。剛さん本人が電車にのれないことを忘れるぐらいに、パニック障害の症状が落ち着いていたのです。

中川家・剛さんの克服された考え方

現在は、ほとんどパニック障害は落ち着かれている状態ですが、今もたまに舞台に立っているとパニック障害が起きそうになるそうです。そんな時は、漫才の途中でも「また、きたわ」と発作が起きそうな状態を隠さずに伝えるそうです。

中川家の剛さんは、パニック障害は真面目な人がかかりやすいので、良くも悪くもええかげんでいることが治療に大切だと考えて、自信も実践することでパック障害を克服されたのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ