長嶋一茂さんがパニック障害に!発症と回復までの道のりは?

今では、バラエティー番組にかかせないタレントとして活躍中の長嶋一茂さんですが、タレントになる以前は、巨人軍の野球選手として活動されていました。

なぜ、野球界から引退してタレントの道へと進まれたのか、それはパニック障害の発症がきっかけだったそうです。

偉大な父親を追うように巨人軍に入団

長嶋一茂さんは、長嶋茂雄監督の息子さんです。偉大な父親をもつ一茂さんは、大きなプレッシャーとストレスを抱えていました。

必死に練習をしても、一軍にはいれない、恵まれた環境と身体をもっているのに、活かすことができない、いつも自分を追いつめ苦しんでいました。

そして30歳の夏に、花火大会を見ている時に、突然パニック障害を発症してしまいました。パニック障害の症状をうまくコントロールできず、野球選手を引退する事を決意されました。

野球選手を引退してタレント活動へ

タレント活動に転身してからも、パニック障害の症状はおさまりませんでした。あまりの症状の辛さに、自殺願望を持ちはじめ、一晩中涙が止まらない状態になってしまいました。

その頃に、一茂さんは結婚をされました。この自分の辛い気持ちを奥様に話をされたら、奥様から「人はいつかなくなってしまうから」と一茂さんの気持ちを受け止めてくれたのです。

その奥様からの一言をきっかけに、一茂さんは、自分を見つめ直す、人生を見つめ直すことになったのです。

自分を取り戻すことが治癒につながる

一茂さんは、病院や精神安定剤のような薬を頼って治療するのではなく、自分自身を変えていくことで、パニック障害を克服しようとされます。

その治療方法は「孤独と餓えを味方にする」を実践することです。

現代社会は、インターネットの普及などで、いつでもすぐに誰かと繋がることが可能です。しかし、それが逆に自分のリズムを乱してしまい、心のバランスを崩してしまうと思われた一茂さんは、他人に合わせるのではなく、自分のペースで生活されました。

また食事も食べ過ぎてしまうことが、身体の負担になり心の不調に繋がると気がつき、断食をされたりして自分をうまくコントロールできるようになりました。

すると、パニック障害の症状やうつの症状も落ち着き、現在の一茂さんにまで回復されました。今は「まぁ、いいや、だいたいで」という気持ちを持ち、欲しがらない生き方をすることが、再発を予防しています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ