真面目に仕事しているのに!うつ病で休職してしまう主な流れ

現在の日本の各企業を効率を求められているため出来るだけ人件費を削減してひとりひとりの仕事量が多くなってきています。

そのためイライラしてしまっている人が多くなり職場の雰囲気も悪くなってしまいます。

そうなってしまうと上司がパワハラをするようになってきてうつになってしまうケースが増えてきます。

特に若い人は注意

特に注意したいのが若い人でうつになっている事に気遣い事がよくあります。若い人は仕事を頑張っていこうと思って全力で仕事に取り組んでしまいます。

そのため上司に怒られても自分が悪かったと正直に受け止めてしまう真面目さもあります。しかし、怒られている理由が時には、上司の八つ当たりなど理不尽なものもあるので注意が必要です。

理不尽に怒られている事が多くなってしまうと、うつになってしまうケースが多いので違う視点を持ってみるのも大切です。

うつになりかけている時に早めの対処を

理不尽に怒られていると若い人でもだんだん気づいてくるものです。しかし、家族や生活があるのでなかなか仕事を辞める事は出来ません。

そのためだんだん職場に行くのが億劫になってしまって、朝になると憂鬱な気分になってしまいます。この症状がまさにうつになりかけている状態であって、早めに対処していかなければいけません。

まず医師の診察を受けて診断書を作成してもらいましょう。それで診断書を持って会社側と相談してみて職場の配置転換など場合によっては休職を検討しなければいけません。

休職中の過ごし方

診断書を会社に提出すれば休職を認められるケースが多いです。そのため休職が認められたらしっかり休職してうつを治療していきましょう。

休職している時は自宅で静養して規則正しい生活を送っていく事が大切です。睡眠を必ず7~8時間取って食事も1日3食しっかり食べるようにしましょう。

うつのため休職している時に考えてしまう事は、早く治療して職場に復帰しなければいけないと思ってしまう事です。確かに職場に復帰した時に、自分の居場所がなくなってしまうので焦ってしまう事はあります。

しかし焦ってしまって早めに職場復帰してしまうと、またうつ状態になってしまう可能性もあります。うつで休職している時は、精神面を整えておく事がすごく重要なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ