自律神経失調症の一般心理療法とは?薬なしで、根本からの解決を!

特に思い当たる原因がないのに続く体調不良は、もしかしたら自律神経失調症かもしれません。自律神経失調症とは、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスの崩れから引き起こされます。

その身体的な症状は、慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、などがあり、精神的には、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じるなどがあります。

その原因は、悩みや不安感、人間関係の問題などから引き起こされている事が多くあります。治療法の一つに一般心理療法があり、心の問題を解決する事で薬を使わずに症状を改善することが出来ます。

自律神経失調症になる心理的背景とは?根本原因を知る

人間関係のトラブルや本来の資質

自律神経失調症になる背景には、日常の人間関係でのトラブルや悩み、本来の資質や性格的な問題、継続して感じる不安感などが原因であることが多いとされています。

ストレスを溜め込む

例えば、職場の上司や先輩から口うるさく言われて常日頃からストレスを感じている。自分の意見を人にうまく伝えられなかったり、ストレスをうまく解消できずに溜め込んでしまう人ほど、心への負荷は増えてしまうでしょう。一般心理療法は、これらの、心にのしかかった負荷を本人が理解し、取り除いていくことで解決へと導き出すことが出来ます。

一般心理療法はどのような療法?医者やカウンセラーの役割

心の負担を軽減

一般心理療法では、医者やカウンセラー、患者が一緒に「自律神経失調症になった心理的な原因は何か?」を探し、様々な手法を用いて心の緊張や不安を和らげ、心に積もった負担を軽くしていくことで心と体の症状を改善していきます。

身体に出ている症状への治療ではなく、人に目を向けて根本から改善していく治療法なのです。患者自身がまずは自分の問題に自分で気がつくことが何より大切で、治療はその手助けの役割を果たします。

自律神経失調症を治療する一般心理療法の種類とは?代表的な3つ

一般心理療法にはさまざまな手法があります。医者やカウンセラーは、患者の現在の症状、性格、心理的な要因、またライフスタイルなどを考慮して、どの手法で行うかを決定していきます。

自律神経失調症を治療する一般心理療法は、主に以下のようなものが挙げられます。

    <自律神経失調症改善に使われる3種類の一般心理療法>

  • カウンセリング
  • 認知行動療法
  • 森田療法

以下では、それぞれの療法を説明していきます。

一人で悩まないで。自律神経失調症改善のためのカウンセリング

自分一人では1つの思考に囚われがち

自分一人で心理的な問題やその原因に気づき、解決することはとても難しいものです。人はどうしても自分目線で物事を見て、1つの思考にとらわれがちになります。普段、感情を抑えがちな人は、周りの人達に自分の悩みを話すことが出来ず、自分の中に押し込めてしまいがちになるため、ますます自分目線で物事を見てしまうのです。

信頼関係が大切

家族や友達にはなかなか言えないけれど、何の関係もないカウンセラーには素直に自分の気持ちを打ち明ける事ができます。

カウンセリングでは、カウンセラーや臨床心理士は患者さんの話を聞き、気持ちに共感しながら問題点を探し出し、問題を解決できるようにじっくりとサポートしていきます。 カウンセラーや臨床心理士は、強制したり何かをするように指示したりと言う事はありません。話を聞いてもらい、受け入れてもらうことで心は大分楽になれるのです。

思考パターンと行動を修正!認知行動療法はどんな療法?

認知行動療法は、患者さんの物事のとらえ方や思い込み、思考パターンの偏りや問題点に着目して行動を修正していきます。心にゆとり持たせてストレスを軽減する事で、症状をやわらげて治癒をめざします。

認知の歪みを知る

具体的には、面接や心理テストを行って患者さんの認知の歪みを把握し、それを柔軟性のある考え方に変えていきます。また、客観的に自分をみつめるために症状の現れ方を記録したり、日々の考え方について日記を付けてもらうなどもしてゆきます。

最初に思考パターンや、心・体に現れる症状、行動、強いストレスを受けた状況を明らかにしてから治療に入るため、症状が改善されていく様子が患者さん自身にも分かるため、積極的な姿勢で治療に臨むことができます。

あるがままを認める!東洋的アプローチで治す森田療法

あるがままを肯定

森田療法とは、今現在のあるがままの自分や自分の病状をよしとして肯定する事で、症状が現れる事に悩む事をなくします。あるがままを受け入れる事で、精神的なストレスを解き、前向きな思考ができるようになり自律神経失調症の症状の改善が期待されるのです。

しなやかに強く生きるために

現代の、スピード・効率重視の社会の中で生きて行くという事自体が、とてもストレスがかかる事です。その中にあっても、どれだけ自分らしく自分を認めて、しなやかに生きて行けるのか。しなやかに強く生きて行くためのヒントを教えてくれるのが森田療法であり、治療の第一歩とも考えられています。

まとめ

自律神経失調症は、上記で説明したような一般心理療法で本当の原因を突き止めて、根本から治療すれば必ず改善されます。逆に言うと、薬で身体症状を改善しても、根本的な問題を解決しなければ再発する可能性もあるという事なのです。

どの心理療法を受けるにせよ、大切なのはカウンセラーや医師との信頼関係です。また、この病気はカウンセラーや医者が治してくれるのではなく、自分が積極的に、治癒のために臨んでるかという事も大切になります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ