うつ病の改善にはウォーキングがいい?その効果を解説します!

うつ病の症状がかなり辛いときには、何もできないことが多いですが、少し良くなってきたときに何をすればいいかといえば、ウォーキングが最適です。

ウォーキングは、うつ病の改善に期待できる、脳のホルモンであるセロトニンの分泌を促します

うつ病の薬は、の代表的な薬、SSRIは「セロトニン再取り込み阻害薬」といい、脳の中のセロトニンの量を増やすことが目的となっています。薬と同じ効果が期待できるのが、このウォーキングが魅力です。

ウォーキングの効果と、効果的なウォーキングの仕方を解説します。

セロトニンの役割は何?うつ病の仕組み!

うつ病の原因は明確には特定はされていません。しかし、うつ病の人の脳と、謙譲の人の脳を比べると、セロトニンの分泌量が少なくなっていることがわかっています。なので、うつ病の治療で出される薬の代表的なものは、このセロトニンの量を増やすことが目的となっています。

SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)

その代表的な薬が、SSRIです。SSRIの日本語は「セロトニン再取り込み阻害薬」といい、脳に分泌されたセロトニンを脳にそのまま留めておくために、そのセロトニン受容体にフタをしてしまいます。それによって、脳の中のセロトニン量を増やそうとします。

セロトニンとは?

セロトニンとは、「幸せホルモン」とも呼ばれるように、それがあることで幸せを感じられるといわれるホルモンです。具体的には、心身のバランスを整え、衝動性を抑えたり、精神が不安定になったりするのを防いでくれます。

セロトニンは精神のバランスを整える

セロトニンは精神のバランスを整えてくれるので、不快な感情に偏ってものすごく落ち込んでしまったりするのを防いでくれます。逆に、楽しいときにはしゃぎ過ぎて疲れきってしまうといったことも防ぎます。感情が極端になるのを防いでくれるのです。

ウォーキングはセロトニンを増やす?どんな仕組み?

ウォーキングでセロトニンが増えると前述しましたが、どのような仕組みで増えるのでしょうか。実は、ウォーキングそのものに効果があるわけではありません。では、どういうことによって、セロトニンが増えるのでしょうか。

日光を浴びるとセロトニンが出る

ウォーキングのとき、日光を浴びることでセロトニンが出るのです。人間は、朝、日光を浴びるとセロトニンが出て体内時計がリセットされます。そのような仕組みがあるので、日光を浴びるとセロトニンが出るようになっているのです。

運動で気分転換!ストレスの解消効果も!

セロトニンが出るだけではありません。ウォーキングをして体を動かして、少し汗をかいたりすることで、気分転換の効果もあります。体を動かすことは、それだけでストレス解消の効果があるのです。

外の空気や景色が刺激を!

ウォーキングは基本的に外でやるので、それによって、外の空気を吸ったり、景色を見たりするので刺激になります。それがまた、気分転換の効果をもたらします。セロトニンが出るだけではなく、さまざまな複合的な効果があります。

どうウォーキングしたらいい?効果的なウォーキング法!

効果的なウォーキングには、いくつかポイントがあります。

  • 疲れない時間でやる
  • ながらウォーキングをしない
  • 基本的に1人でウォーキングする

疲れない時間でやる

ウォーキングは、気持ちよく終われる時間でやめましょう。30分でもいいですし、すぐ疲れてしまうなら、5分でも構いません。気持ちよく終われることで、脳のストレス物質を出さずに済みます。終わったときに爽快に感じられることで、長続きすることができます。

ながらウォーキングしない

これも、気持ちよくウォーキングをするためです。スマートフォンをいじる、喋るなどの、ながらウォーキングをすると、歩きに集中できなくて、体を動かした爽快感が得られません。ながらウォーキングをしないのが、1つのコツです。

基本的に1人でウォーキングする

ウォーキングは基本的に1人でしてください。1人でしない場合は、相手に後ろについて歩いてもらってください。それは、ウォーキングを自分のペースでするためです。自分のペースで歩いたほうが、爽快感がより多く得られます。

ウォーキングをマイナスにしないために!気をつけたい2つのポイント!

これだけ効果の高いウォーキングですが、あることに気をつけないと、ウォーキングをしていることがマイナスになってしまいます。その気をつけたいポイントは、以下です。

  • 無理に日課にしない
  • 嫌だと感じたらすぐにやめる

無理に日課にしない

無理に日課にしないことは、とても大事です。回復期とはいえ、気持ちは毎日変わります。そんな中で日課にしてしまうと、義務に思えてしまって、心の負担になってしまいます。やってみたいなと思ったときに、気持ちよくやって、気持ちよく切り上げるのがベストです。

嫌だと感じたらすぐにやめる

とにかくウォーキングは、気持ちよくやってこそです。嫌だと感じたら、すぐにやめてください。ウォーキングを気持ちよく感じられない人もいます。そういう人に無理やりウォーキングをさせるのも良くありません。その人のペースや好みに合わせて、やることが大事です。

まとめ

ウォーキングをすることで、日光を浴び、セロトニンが分泌されます。それが、うつ病に効果があります。それだけでなく、体を動かすことが気分転換にもつながります。しかし、気持ちよくやる、というのを意識しないと、マイナスになることもあります

毎日でなくてもいいですし、時間も少なくてもいいので、自分のペースでやることを心がけてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ