うつ病の原因はアミノ酸!?アミノ酸とセロトニンとの関係徹底分析!

うつ病には様々な原因があります。特に主な原因とされているのは精神的ストレスです。ですが今回は、外部から受ける影響ではなくうつ病に対する体内への影響についてお話ししていきます。

実は、うつ病にはアミノ酸が大きく関わっています。でも、一体何がどう関わっているのでしょうか。そこで今回は、うつ病にアミノ酸はどのような関係を持っているのかということについてお話ししていきます。

実は大きな役割を果たしている?うつ病とアミノ酸との関係とは

実は、うつ病はアミノ酸と深い関わりを持っています。これは、セロトニンがアミノ酸から作られているからです。

ここでは、うつ病とアミノ酸についてお話ししていきます。

アミノ酸はセロトニンの材料!

体内のアミノ酸では、うつ病との関わりが深いセロトニンが作られているということをお話ししました。

セロトニンとは、神経系であるノルアドレナリンやドーパミンとともに重要だと言われている神経伝達物質です。うつ病は神経伝達物質の鈍化によって引き起こされるものなので、セロトニンはとても重要な役割を担うということです。

うつ病の予防とは脳の神経伝達物質を鍛えること?そのワケとは

よく耳にするうつ病の予防策としては、人とコミュニケーションをしたり、ストレスのかからない環境にいることです。しかし、これらの行動は全て脳の神経伝達物質を鍛えているからこそ予防ができているということなのです。では一体なぜこの2つの理論が一致するのでしょうか。

ノルアドレナリン・セロトニンの不足や欠乏を防ぐ

うつ病は、脳内の神経伝達物質の働きが悪くなることによって引き起こされています。そのためうつ病の治療はノルアドレンリンやセロトニンの働きを補い改善させる形で行われるのです。

つまり、日頃からうつ病の原因となるノルアドレナリン・セロトニンの不足・欠乏を防ぎ鍛えることができれば、ストレスへの耐性が強くなりうつ病を予防することができるということです。

セロトニンを鍛えるには?

セロトニンを鍛える方法は簡単です。セロトニンを鍛える方法は、適度な運動、太陽に浴びる、規則正しい生活を送ることですが、なかなか現代人ができないことなのです。

つまり、最近ではこのような当たり前のことができなくなったことがうつ病の大きな原因になっているのではないでしょうか。

アミノ酸がもたらす効果って?また摂取の仕方は?

アミノ酸はセロトニンを作る以外にもカラダ全体を構成する上でも重要な役割を果たしているのです。

先ほどは、アミノ酸がセロトニンを作る役割を持っていることについてお話ししましたが、ここからは本題のアミノ酸がうつ病にもたらす効果について説明していきます。

アミノ酸の効果とは

アミノ酸がもたらす効果というのは主に2つです。

  • 脳機能調整
  • 免疫向上

他にも皮膚や髪、爪の再生などの特性も持っていますが今回はこの2つでお話しします。

アミノ酸がうつ病にとって大切な理由

まず、先にも述べたようにアミノ酸がうつ病にとって大切な理由の1つとしては、アミノ酸がセロトニンなどの神経伝達物質を作る働きがあるためです。もう1つの理由は、うつ病と免疫力との関係です。これは、うつ病のみならず様々な病気の予防にもなります。

うつ病によっては部屋に閉じこもっていたりするケースもあります。そのような状態になってしまうと免疫力も落ちて病気にかかりやすくなってしまいます。

そうならないためにも、免疫力をつけることが大切です。

アミノ酸が心を平安にする?セロトニンの働きとは

脳の神経伝達物質は、感情の爆発を抑えながら心を穏やかにする働きがあります。つまり、アミノ酸を摂取することでセロトニンが作られ、そのセロトニンがこのような働きをしているということです。また、摂食障害や暴力行動の原因というのは、探っていくとセロトニンの不足が原因であるということもわかっているのです。

まとめると、セロトニンは人々の感情コントロールをするのにとても重要な働きをするということです。

精神的ストレスはセロトニン不足?

つまり、うつ病になって落ち込んだり不安になったりと、様々な気持ちから生まれてくる元の原因である精神的ストレスは、セロトニンが不足しているからともいえるでしょう。

他人によって指摘されたことに対して様々な感情が起こります。その際にセロトニンは脳内で爆発的に働き一気に消耗してしまいます。その結果セロトニン不足になりうつ病になるのです。

セロトニン不足になるとどうなる?その症状とは

セロトニン不足になると、生活習慣において様々な影響を及ぼします

この生活習慣が悪くなってしまうと、やはりうつ病にも直結する原因となってしまいます。なのでここからは、セロトニンが不足した時に起こる生活への影響はどのようなものかということについてお話しします。

朝の目覚め・夜の寝つきが悪くなる

実はセロトニンは朝の目覚めを促す働きも持っています。夜私たちが眠っている間にはセロトニンはほとんど分泌されませんが、朝に近づくにつれてセロトニンは活動を始めるようになります。そして、朝自然に起きられるように脳と身体にスイッチを入れてくれるのです。

しかし、セロトニンが足りていない場合は、分泌量が減ってしまうため身体は休息状態のままです。なので、いつまでたってもスッキリ起きれなくなるということです。

また逆に、セロトニンは朝の目覚めだけでなく夜の眠りにも関係しています。

夜になるとセロトニンは、メラトニンというホルモンを作り出します。メラトニンは睡眠作用があるため人間の睡眠には必ずと言っていいほど必要なものなのです。しかし、セロトニンの分泌量が足りていないと、寝つきが悪くなったり、夜に目が覚めたりしてしまうのです。

アミノ酸の分解がうつ病を予防する!きちんと摂取しよう

このように、セロトニンは生活をする上でとても重要な役割を担っています。また、うつ病の原因はセロトニンが大きく関わっているということです。

アミノ酸の摂取は一石二鳥!

日々アミノ酸を摂取し、セロトニンを作り出すことで健康な生活を維持することもできますし、うつ病の予防にもなります。これで一石二鳥ということです!

また、アミノ酸を摂取したい人はサプリメントやプロテインなどは薬局で売っています。手軽なので、健康維持のためにも是非、アミノ酸をとってみてはいかがでしょうか!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ