不安障害で仕事が出来ない?正しい知識を持てば出来ます!

不安障害の人は人前などで他人の目に晒される事に対して著しい恐怖や不安を感じてしまいます。その為、人との接触が日常的に多い仕事をする事が苦痛となり続ける事が出来なくなってしまいます。

しかし不安障害になってしまったら一切仕事はできないのでしょうか?実は不安障害の人でもある一定の基準や人との接点の少ない仕事を選ぶ事で仕事を続ける事は可能なのです。ただし、注意して仕事を続けないと悪化してしまうケースもあるので仕事をする上での正しい知識や周りにも不安障害について知ってもらう事が重要となります。

不安障害の人が、仕事が続かない理由は?他人の目線が辛い

不安障害の人にとって仕事はしたいけど辛くなってやめざるを得なくなってしまうのは次のような環境が仕事場にある事が大きく影響しているのです。

報連相ができない?

不安障害の人が、仕事が続かない理由の1つとしては、報告、連絡、相談ができないからなのです。仕事は日常的な行為として常に人との関わりが存在する為にその事が苦痛となってしまうのです。自分の言動がどう評価されるのかについて過敏になりすぎてしまう為、人間関係が悪循環に陥ってしまうのです。

プレゼンの場が多い?

最近の仕事場は人前での発表やプレゼンが重視される傾向にあり意見を述べることが求められる傾向にあります。人前で話す事が苦手な不安障害の人には辛いものとなってしまうのです。

通勤も相当なストレス?

不安障害の人にとっては人が沢山いる通勤電車も非常にハードルの高い環境となります。自分で感じているよりストレスを感じているので職場に着く頃には相当な負担となっているのです。これが毎日続くことで大きなストレスとなりやがて仕事を続けられない状態となってしまうのです。

不安障害の人が仕事を探すには?次のような基準で

不安障害になってしまうと仕事が出来ないのでしょうか?それでは治るまで仕事が出来なくなってしまうので次のような目線で仕事を探して見ることが必要です。

ストレスが少ない仕事

不安障害の人はプレッシャーなどがきつい職場やストレスのある環境では能力を発揮出来ないどころか続けることもできません。ストレスの少ない仕事を探す必要があるのです。

騒音や雑音が少ないこと

騒音や雑音は不安障害の症状を探す引き起こす可能性が高いので避けるようにしてください。

集中して仕事が出来る

不安障害の人はいくつもの事を同時する事は苦手となります。あれもこれもという邪魔がはいる環境は極力避けて集中して仕事が出来る環境を選択してください。

人との関わりは極力少ない

人間関係が不安障害の人には1番のストレスとなります。なるべく人との関わりが少ない仕事を選ぶ事が大事です。

どんな仕事があるの?極力人との接点が少ない事

不安障害の人が仕事を探す時の参考になる基準はわかりましたが、具体的にはどのような仕事があるのでしょうか?次のような仕事が向いているので参考してみて下さい。

    <不安障害の人に向く仕事>

  • 作家
  • アーティスト
  • 専業主婦/主夫
  • ドックトレーナー
  • 会計士
  • 庭師
  • 起業家
  • 消防士
  • プログラマー
  • カウンセラー
  • 保育士
  • オフィスの清掃
  • 家庭教師
  • 看護助手
  • 下ごしらえをする調理師

仕事をする時の注意は?理解してもらう事が重要

不安障害にある程度適した職場や仕事を見つけたとしても完治しているわけでは無いのでやはりいくつかの気をつけなければならない事はあります。

治療をきちんと受ける

仕事が見つかったからといっても不安障害は治った訳ではありません。診察にはきちんと定期的に通い、飲んでいる薬があるのならば忘れずに服用する事が大事です。あくまでも専門医の指示に従う事を守るように心がけて下さい。

職場の人に理解してもらう

不安障害である事は出来れば隠していたい事かもしれませんが、仕事中の不安感や恐怖感は伝えていなければ理解してもらえません。職場の人が不安障害の事を知っていてくれる事のメリットは大きいので必ず伝えて理解してもらう事が大事です。

人前に出る事を許してもらう

不安障害の人にとって人前で何かをしたり、話をしたりする事がとても辛い事なのです。よって職場の人に病状を理解してもらい人前で話したりする環境を極力無くしてもらうように協力してもらう事が必要なのです。

いつでも相談できる人を作っておく

不安障害の人が仕事をする以上は常に不安や緊張と対面している状態となってしまうのです。そのような時に身近に相談できる人がいる事で心理的負担は相当軽減されるのです。よって1番のベストは職場で協力してもらいそのような体制を作ってもらえるようにしてもらう事も重要な事なのです。

どうしても仕事に行きたく無い?無理をしない事

不安障害を抱えながら仕事を始めたとしてもどうしても仕事に行きたく無いと感じた時はどうすればいいのでしょうか?このような時は無理をする事は禁物です。

まずは仕事を休む事

不安障害を抱えていると仕事にどうしても行きたく無いと思う日があるとは思います。このような時はとにかく一日休みを取る事が大事です。ここで頑張って無理して仕事に行っても改善する事は無く、悪化するリスクの方が高いので注意して下さい。

何日か休んでもダメな時は?

仕事に行きたく無いという症状が休んでも一向に良くなら無い場合まず考える事は休職を届け出る事です。仕事を辞めるのは簡単な事ですが、まずは会社が大丈夫なら休職して治療に専念する事が大事です。それでも本当にダメな時は今勤めている仕事が向いていなかっただけで他を探そうと気を楽にする事も必要なので。

まとめ

不安障害の人が仕事を続けていく事が難しい理由には、上司や一緒に働く仲間との報連相や人前で意見を言ったりプレゼンをしたり、仕事を続けていく上で人との関わりが非常に多くとても苦痛なものとなってしまう為、中々続けられないのです。

そのような中でも一定の基準としてストレスの少ない環境や人と接点が少ない仕事や職場を選ぶ事で不安障害を抱えながらも仕事が続けられる場所はあるのです。今やっている仕事だけが仕事なわけでは無いので自分が働けそうな場所を探すという事は重要な事なのです。

但し仕事をしていると不安障害の人は何かの拍子に仕事に行きたくないという感情に覆われる事があるのでそのような時には絶対に無理をせず休むという事が大事です。そしてできる限り職場に自分の病気の事を理解してくれる人を見つけておいたり、職場などに理解をしてもらうようにする事が必要な事となるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ