うつ病の無気力から回復するたった2つのポイントは?

うつ病を発症すると現れる症状の1つが無気力になって何もやる気が起こらないということがあります。

普段人が行動を起こすときは何らかの行動意思「やる気」が必要です。例えば、食事をする際にも食べようという気力がなければ食事は出来ません。

無気力が自殺願望へ

すべてこの「やる気」が行動の源となっているのですが、無気力になるうつ病はどんな行動に対しても億劫になって、そして憂鬱な気分も重なり、自分は何もできない怠け者だと思うようになります。

さらに進行すると自分は必要のない存在なんだと自己否定するようになり自殺願望へとつながっていきます。

無理せずやる気の回復を待つ

うつ病による無気力はうつ病の改善とともに回復して再びやる気が湧いてきます。なので、うつ病の時には無理をせずやる気が回復するのを待てばいいのです。自分が楽しんで出来る事さえやればいいのです。

まったく楽しいことがない場合は、焦って楽しいことを探す必要はなく無気力のままでまったく構いません。そんな時は脳が何か行動を起こす指令が出せないほど疲れているのです。脳を休ませて再びエネルギーをチャージする時間が必要です。

うつ病の早期回復には周りの人も協力も

うつ病での無気力の回復には「無理してやろうとしない」「楽しいと思うことのみやる」の2点が大事なのです。うつ病の無気力を回復させるのに薬を服用するという手段もありますが、薬は対症療法で依存度が高く副作用があるので根本的な治療とはなりません。

しかし、ほとんど自分の意識外でリストカットをしたりするような重度の症状には有効な場合がありますが、それも緊急事態の非常措置という程度にとどめておいた方がいいでしょう。

うつ病の無気力さは回りの人から見ると怠け者のように見える場合があります。うつ病の人は自責の念が強く、やりたいのにやれないというジレンマで苦しんでいるのが特徴です。

また、うつ病はストレスが引き起こす脳の病気、ということを周りの人が認識することも大事です。うつ病になった時は、自分や周りの人間が適切な知識を持ち、周囲の理解と協力があれば回復も早くなります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ