うつ病を改善したい!うつ病で休職の過ごし方の3つのポイントは?

うつ病の治療の1つとして休職がかなり有効な手段です。

勿論その人の症状にもよりますし、会社の状況などによっても休職が可能かどうか違ってきますが休職できた場合の過ごし方の3つのポイントを紹介します。この3つのポイントを意識してうつ病の改善を目指して下さい。

休職中の過ごし方のポイント1:心を休める

最初は他の人は働いているのに自分だけ休みというのは落ち着かないし、悪いことをしている様に感じてしまうかもしれません。ですが医師の診断の元うつ病の治療の一環として会社を休んでいるのですから、この機会にしっかり心を休めることが何より重要だという事が出来ます。

だから休職中は会社の事について考えるのは止めましょう。自分の体調や心としっかりと向き合うことが大事なのです。そして不調に耳を傾けてどうすればリラックスした状態になれるか、何をする時が自分は楽しいと感じるのか1つ1つ思い出していきましょう。

休職中の過ごし方のポイント2:規則正しい生活

うつ休職の過ごし方として心がけて欲しいのが規則正しい生活です。早寝早起き、3食きちんと食事をして出来れば軽く運動などが出来たらいいのですが、最初から運動までは求めません。

しかし、休職中に時間があるからといってダラダラ過ごしたり、昼と夜が逆転したような生活をしてはいけません。どれだけ無気力な状態でも、生活のリズムを崩さないのがうつ休職中の鉄則です。

生活のリズムを崩すと復職時に大変ですし、何よりうつ病の治りが遅くなります。だから休職中は早起きするのが仕事、食事をきちんと摂取するのが行うべき事だと言っても過言ではないのです。

規則正しい生活をして体の不調が改善されれば自ずと心の不調もよくなってくるものです。心と体は密接に関与しているのでどちらかが不調だともう片方も引きずられてしまいます。

休職中の過ごし方のポイント3:徐々に日常に戻る為の準備を

最初は規則正しい生活と心を休めることに重点を置き生活をしましょう。そして精神状態が安定してきたら、1日1回外出する、体を動かす、人と会話をするといった風に目標を立てて負荷を付けていきましょう。そして徐々にレベルアップしていき日常に戻る為の準備を行っていきましょう。

ですがその際に注意して欲しいのは、毎日家にいてほとんど動かない生活をしていたら体力がかなり落ちている点です。だから今日は調子がいいと思っても無理をせずに10分だけ散歩とか、1時間だけ外出といった感じで体と心の様子を見ながら負荷を増やしていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ