うつ病で会社を休職した時の上手な過ごし方の3つのポイントは?

もしも鬱病で会社を休職せざるおえなくなったとき、突然の目の前にあらわれた空白の時間をどう過ごしたらいいのかわからなくなることってありますよね。

特に、ずっとお仕事を忙しくされてきた方は、逆にどうしていいかわからずにイライラしてしまうこともあります。休職中の上手な過ごし方で、どんなことを気をつけていったらいいのかをみていきましょう。

ポイント1:心と体を休ませる時間を過ごす

一つ目のポイントは、心と体を休ませる時間を過ごすことです。なるべく何も考えずに、ゆったりと過ごす時間をとりましょう。

やりたいことをやって、ただのんびりと過ごすことがおすすめです。読書をしたり、テレビをみたり、好きなお料理を作ってみるのもいいかもしれません。

決して無理になにかをしなきゃと焦らずに、なんにもしないでゆったりとお茶を飲んでいることや、お昼寝をすることも心の回復に繋がります。あせらずに自分のペースの時間を大切にしましょう。

ポイント2:太陽の光を浴びるようにする

二つ目のポイントは、太陽の光を浴びるようにすることです。精神疾患を引き起こす原因の一つとして、セロトニンの低下があります。

神経情報伝達物質とされているセロトニンは、低下すると思考力の低下や精神障害を引き起こします。太陽光をあびることによって、セロトニン分泌が正常化されますので、休職中はなるべく一日一回はお散歩などの外出やお庭やベランダなどで日光にあたることをおすすめします。

特にお散歩やウォーキングなどは、お家の中でじっとしているよりも、動きがあることによって、体内の循環もよくなり、ポジティブな気持ちになりやすいでしょう。

ポイント3:身体を冷やさないことを心がける

三つ目のポイントは、身体を冷やさないことを心がけることです。世界や日本で比較的うつ病が多くに見られる地域として寒い国や地域が見られます。

これは、身体が冷えていると血の巡りが悪くなり、脳の前頭葉の血の巡りの低下につながりうつの症状を引き起こしやすくする傾向があります。

そのため、なるべく暖かい服装をすることや、暖かい食べ物や飲み物を摂取すること、お風呂にゆっくり入ることなども休暇中の上手な過ごし方として効果的です。

銭湯や温泉などの施設に気分転換に足を伸ばされてるのもおすすめです。暖かい場所で、身体全体をゆるめることによりリラックス効果も得られるでしょう。

心を落ち着かせるおすすめの過ごし方

休職中の過ごし方によっては、うつ病の回復の度合いが変わってきます。しかし、やりたいことも思いつかないし、のんびりといっても何にもやらないと余計なことを考えてしまい気が滅入ってしまうという人もいると思います。

そんな時は、瞑想をやってみることをおすすめします。瞑想は、心配や不安が少なくすることに効果的です。瞑想とは、なにも考えずに、呼吸に意識を向けてゆったりと呼吸をすることです。

一日数分でも取り入れることで、思考がクリアになることに繋がるでしょう。こちらを参考に無理をせずにゆったりとした時間をお過ごしください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ