もしも家族がうつになったらどうすればよいのか?

うつという症状は、それに関する映画が製作されたり、著名人が経験談を述べたり記したりしていることもあって、かなり知られるようになってきたとは思います。しかし、まだまだうつについての誤解や偏見も多く、正しく認識されるようになっているとはとても言えません。

そんな中、もし家族がうつにかかってしまった場合、どうすればよいのでしょうか。どのようにうつになった家族に接すればよいのでしょうか。また注意すべき点はどんなことでしょうか。

こういったことについて考えてみたいと思います。

うつになるのは弱い人間だから?

うつが徐々に認知されるようになり、それに伴ってうつが病であり、誰もがかかる可能性があるということは少しずつ知られるようになったとは思いますが、それでもうつになるのは「心が弱いからだ」とか、「精神がたるんでいるからだ」などという誤解をしている人間は、現在でも決して少なくないと思われます。それゆえ、家族がうつにかかってしまうと、その人を責めてしまいたい気持ちになってしまうかもしれません。

しかし、現実は全くその逆で、うつは実は「心が強い人」がかかりやすい病です。うつになってしまう人の多くは、普通の人なら我慢ができないような忍耐まで耐え忍ぶことができてしまうのです。

例えばダイエットなら、普通の人なら挫折してしまうような厳しいダイエットでもうつにかかる人は実現させてしまったりします。「うつは心が弱い人がかかる」というのは全くあべこべな、物事の本質を見ないがゆえに生ずる誤解なのです。

うつになった家族にはどう接すればよいのか?

そのように強靭な精神の持ち主ゆえに、うつになった人の多くは、うつになったという事実だけで相当大きな衝撃を受けています。うつになった人でさえ、「うつは心の弱い人がかかる」と誤解していることも多く、ひたすらうつになって何もできない自分を責め、自己嫌悪に陥っていることが少なくありません。

ですから、家族ができることとしては、まずうつにかかったことについてその人を絶対に非難しないことです。ただでさえ自分自身が自分を責め続けているのに、家族までがそれに加担してしまったら、火に油を注ぐようなもので、まず良い結果にはなりません。

かと言って、まるで腫れ物に触るかのように接していたら疲れてしまいます。うつになったことと、それによって何もできなくなったことを非難しないことを意識して、その他はうつにかかる前とほぼ同じように接して構わないのではないかと考えます。

自分までうつになってしまわないように

家族がうつになってしまうと、特にまじめな人の場合、それだけで動揺し、悲観的な見方に陥る人も少なくないでしょう。また、家族がうつになったことについて自分自身を責めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、うつにかかった人は、そのことで家族が悲しんだり、怒ったりしていると、そのことで自分自身を責めてしまいます。「家族がこんなに悲しんだり不機嫌になっているのは自分がダメ人間だからだ」というわけです。

また、そうやって家族のうつを責め続けていると、家族のうつが治るどころか、自分自身までがうつになってしまいかねません。うつは適切に治療をすれば治る病ですし、過度に悲観的になったり、自分自身を責める必要もありません。

必要なら、精神科医やカウンセラーなど、外部のサポートも堂々と利用しましょう。

家族がうつになっても悲観しすぎない

うつは心の弱い人がかかるものではなく、むしろどちらかと言えば心の強い我慢強い人がかかりやすいものです。我慢強すぎたために脳がブレーキをかけて強制的に休養をとらせている状態がうつと言えるのではないでしょうか。

マラソンをしてへとへとに疲れたら誰でも休息をとらざるを得ませんが、それと似ていると思います。家族がうつになったからと言って過度に悲観する必要はないと思いますし、精神科医など外部の専門家の力も、必要なら堂々と借りるべきです。

精神科医というと敷居が高いと感じる人もいるかもしれませんが、普通の内科医や外科医と何ら変わりません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ