無理は禁物!うつ病で休職した時の過ごし方について

うつ病でやむを得ず休職しなくてはいけない時があります。

うつは投薬など医療的な措置が必要な病気ですが、身体の病気と同様、休息による自然治癒を促進することが第一となります。

ただ、仕事を休んだままでは不安なこともあるでしょう。休職中どのように過ごせばいいのでしょうか。

まずはしっかり休む

風邪で高熱が出ているときに、「仕事が心配だから、サボっているような気がするから…」などと言って無理をするとなかなか治らず、こじらせてしまうことになるのと同様に、うつの場合もまず心身を休めることが大切です。無理をせず、しっかり睡眠をとるようにしましょう。

また、「気分転換が必要だから…」などといって、家族が無理やり外出を勧めたりすることもありがちですが、本人が希望しないのに無理に外出させるとかえって疲れてしまいます。自分の身体の調子に従って、休むことを心がけることが大切です。

生活のリズムと日光浴

だからといって、一日中寝ていればいいと言うわけではありません。入院生活をイメージして、朝は一応常識的な時間に起きて決まった時間に食事をとるようにしましょう

うつは朝のうち悪化して、夜は軽いことが多いので、夜ふかしになりがちですが、日光浴をすることが神経を安定させるセロトニンの分泌のために必要と言われています。無理のない範囲で日に当たる生活ができるといいでしょう。

ただ、これも本人の体調に逆らって、家族などが無理に生活のリズムを変えようとするのは避けるべきです。

体調がよくなってきたら

治療が功を奏してだんだんとよくなってきたら、生活のリズムを仕事しているときと同じようなパターンになるように少しずつ身体を慣らしていきましょう。外出や家事などで身体を動かし体力をつけることが必要です。

電車に乗ってみる、会社に顔を出してみる…など、体調に合わせて挑戦してみましょう。この時点でも、医師の判断をあおいで、無理をしないことが大切です。

生活を見直す

うつになった、ということは自分の生活に無理があることの警告ととらえることも出来ます。これまでの働き方などに、心身に過剰な負担がかかる部分がなかったか休職中に見直しましょう。

労働時間の長さや上司同僚との関係などを見直して、改善すべき部分について考えてみることが必要です。職場に戻ることになったら上司などと相談をして、どのように仕事を再開するか、話し合っておくと良いでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ