自律神経失調症の効果的な改善方法は?3つの改善方法を紹介!

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類が存在していて、この2つがバランスよく動くことによって、体の機能が正常に保たれています。

しかし、このバランスはストレスや不規則な生活によって、気づかないうちに狂いが生じて体調を崩してしまうことがあります。この体調不良こそが、「自律神経失調症」と呼ばれるものです。

自律神経失調症になってしまうと体が思うように動かないため、日常生活に支障をきたしてしまう場合があります。そこで日常生活をよりよく遅れるようになるために、自律神経失調症の改善策を紹介します。

自律神経失調症になるとどうなるの?あらゆる症状が出る!

自律神経失調症になると、身体的な症状精神的な症状まで、様々な症状が出るようになります。

例をあげるのであれば、身体的なものだと全身の倦怠感や頭痛、肩こり、目の疲れ、胃腸の不具合、めまいといったものがあります。精神的なものであれば、不安感やイライラ、無気力、集中力の低下といったものがあります。

自律神経失調症の改善策は?大きく分けて3つある!

自律神経失調症の改善策は、大きく分けて3つあります。

    <自律神経失調症の改善策>

  • 有酸素運動をする
  • 就寝の1時間前から30分前にかけて入浴する
  • ストレスを発散する

有酸素運動はどのようなものが効果的?おすすめ4選!

自律神経失調症には、有酸素運動が効果的です。運動習慣をつけることは規則正しい生活を身につけることにもつながりますし、その中でも有酸素運動は体の緊張をほぐす効果もあって自律神経を整える役割が期待できます。そこで。有酸素運動の中でも特におすすめの運動を4つ紹介します。

1・ジョギング・ウォーキング

ジョギングやウォーキングといったリズム感のある運動は、自律神経を整えるのに非常に高い効果を発揮します。

加えて、リズム感のある運動や屋外で行う運動は、セロトニンという脳内伝達物質の働きを良くしてくれる効果もあります。このセロトニンはやる気を起こす脳内伝達物質で、不安感や憂うつ感を取り除く役割をしています。また、手軽に取り入れることができるのも嬉しいところです。

したがって、自律神経失調症による不安感などに悩まされている人には特におすすめの有酸素運動です。

2・水泳

自律神経を整えるのに重要なのが「呼吸」、特に「吐く」という行為です。

体の機能は自律神経に左右されています。基本的に、自律神経の働きを自発的にコントロールすることは難しいです。しかし、「呼吸」という働きだけは、自らの意思でコントロールすることが可能です。

特に水泳は息継ぎが必要なため、強制的に「息を吐く」という行為をします。その行為が、自律神経を整えるのに効果を発揮する可能性があります。

3・ヨガ

ヨガも水泳と同じく、「呼吸」をコントロールできる運動の1つです。吸って、吐いて、という行動を意識して繰り返し行うため、自律神経が整う効果が期待できます。

4・自転車運動

自転車での運動は体力がつくだけではなく、ストレスの発散にもなり、セロトニンも十分に浴びることができるので、自律神経失調症には非常に効果的です。何よりも、ウォーキングに続いて日常生活に気軽に取り入れることができるのが大きな魅力です。

ウォーキングより少々コストはかかりますが、体力をアップさせたいという人には特におすすめしたい有酸素運動です。

就寝前に入浴することの効果は?ポイントは副交感神経!

なぜ就寝前に入浴することが良いの?

人間はリラックスすると副交感神経が刺激されます。副交感神経が刺激されると、ストレスが軽減することがわかっています。入浴という行為も副交感神経を刺激し、リラックスさせる行為の1つです。そして、就寝前に入浴することでリラックス状態が続き、入眠体制が整いやすくなります。

入浴にはほかのメリットもある!

湯船に浸かって汗を書くと、体温を調節する機能が鍛えられます。汗ばむ程度までじっくりとお湯に浸かることで、体が適切な体温を覚えて自然と調整してくれるようになります。体温調節は自律神経の働きの1つですので、自律神経を整えるためにも入浴は非常に重要であると言えます。

ストレスを発散することの効果は?それは自律神経失調症の原因にあり!

自律神経失調症の原因はストレス!

そもそも自律神経失調症の原因の1つが「ストレス」です。慢性的にストレスを抱えていたり、強いストレスを受けたりすると、それだけで自律神経は参ってしまい、自律神経失調症に陥りやすくなってしまいます。

ストレスの効果的な解消方法は?

ストレスの発散方法で1番大切なことは、「自分が心地よいこと」をすることです。それは運動であったり、読書であったり、そのほかの趣味であったりと人それぞれですが、自分自身が「やっていて気持ち良い」と感じるだけでも、ストレスの発散には非常に効果があります。

自律神経失調症を改善させるポイントは?3つをおさらい!

自律神経失調症の改善策を3つ紹介しました。自律神経失調症の改善に効果的なのは、有酸素運動をすること、しっかり入浴すること、ストレスを発散させることの3つです。つまり、脳の働きをよくすること、リラックスすること、精神的な負担を軽減させることと言い換えられます。

自律神経失調症の原因は主に「不規則な生活」と「ストレス」です。有酸素運動で運動習慣をつけたり日光を浴びたりして生活を規則正しいものにし、入浴のリラックス効果と自発的に好きなことをすることで余計なストレスを断つことで、自律神経失調症は改善へと導かれます。

自分自身の生活とストレスがどこに見直すことが何よりも重要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ