引きこもりから脱出するのに必要なのは?生活リズムの改善だった

引きこもりから脱出するためには、何が必要なのでしょうか。引きこもりは長引けば長引くほど脱出する事が難しくハードルが高くなってしまいます。

引きこもりから脱出する為のポイントは、引きこもりを悪化させてしまう生活リズムの改善が重要なのです。その為に気をつけることは朝の起床時間を一定にする事といつでも外出できる身だしなみを整えることからなのです。

引きこもりから脱出できない理由?生活リズムの崩壊

引きこもりになってしまうとなかなか脱出できなくなるのですが、その理由はどのような事なのでしょうか。その理由についてまずはみていきましょう。

引きこもりとは?

引きこもりの意味とは、ある一定期間に渡って慢性的に家や部屋から出ない生活習慣を送り、その間、家族以外の人との交流をする事が無い人の事を示します。

引きこもりはどうなるか?

引きこもり生活が長期化するとどのようになるかというと人とのコミュニケーショが取れなくなり、あってもネット上の対面をしないコミュニケーションのみとなっていきます。

更に社会との接点が減るため社会的な時間感覚を失い、時間感覚の欠如、生活リズムの崩壊につながっていきます。そして生活リズムの乱れがやがて無気力へと導いて行ってしまうのです。

引きこもりから脱出するには?生活を変える事

引きこもりから脱出する事が難しくなる要因は、生活リズムの乱れからくる無気力が何をしようとしても邪魔をします。引きこもりから脱出する為には、まずはこの生活リズムの改善が重要な取り組みとなるのです。

生活リズの問題は?

引きこもりの典型的な生活リズムの乱れは、夜はいつまでも起きていて寝るのは日中というような昼夜逆転の生活になってしまう事です。この昼夜逆転の生活を続けると体内時計が狂う事から精神的、神経的なバランスをくずし精神不良や体調不良を招きやすくなってしまうのです。

まずは起床から

引きこもりからの脱出の為の取り組みとしてまず重要なのが、この昼夜逆転している生活リズムの改善なのです。その為に心がける必要があるのが、朝決まった時間に起きるという事なのです。

これは仕事や学校などの社会へ復帰する為に必要である事と同時に精神不良や体調不良の改善のためにも必要な事なのです。

起床のための工夫?

引きこもりの人にとって朝決まった時間に起きるという事は、実は簡単ではありません。それは、そもそもまず夜になったら寝るという習慣が崩れているからなのです。

眠れないから朝起きる事ができないという状況が続くようであれば、1日徹夜をして夜早く寝てみるという工夫も必要となるのです。

自宅から出る為には?身なりの改善からです

引きこもりが長い間続くと家からでなくなり、人と合わなくなる事から次のような状態となっていきます。

    <引きこもりの状態>

  • 一日中パジャマやスェットなど同じ服でいる
  • コンビ二に行くのも同じ服
  • 数日間はお風呂に入らない
  • ヒゲや髪が伸び放題

この状態が続くと?

引きこもりの人は、社会との接点を持たない事から緊張感がなくなり、ますます社会性が失われていってしまいます。そして外に出る事がどんどん面倒くさくなり引きこもりが進行していってしまうのです。

身なりの改善から

引きこもりからの脱出の方法としては、いつ外出してもいいように身なりを整える事から始めてみる事もお勧めです。毎朝同じ時間に起きる癖をつけると同時に朝起きたらお風呂に入り、髭をそり身体を清潔にします。

その上できちんとした洋服に着替え1日を始めましょう。これだけでも気分が晴れ晴れしてくるのでたとえ外に出なくても精神的な状態は良好になっていくのです。

引きこもり脱出後の仕事?責任感の軽めの仕事から

引きこもりから脱出する事ができたら次は社会的生活の自立のために仕事をしてお金を稼ぐ必要がでてきます。引きこもり期間が長期であればあるほど人とのコミュニケーションが苦手、声が出にくい、生活習慣がまだまだ不規則といった状況を抱えています。

このような状況の中で働き始めるので引きこもり脱出後の仕事選びにはいくつかのポイントが必要です。

控えた方がいい仕事

引きこもりから脱出して始める仕事としてあまりお勧めでは無い仕事をまずはみていきましょう。引きこもり脱出直後は肉体的にも精神的にもまだまだ万全とは言えません。よってハードすぎる肉体労働、対人関係が中心となる営業職などは向かない仕事となります。

そして、自宅で行う在宅ワークや内職などは生活の自立にはいいのですが、引きこもりからの脱出という意味では結局部屋へ引きこもる事を続けてしまう為お勧めはできません。

お勧めの仕事は?

引きこもりから脱出するための仕事選びとして大事なことは、まずは家の外に出て働ける仕事を選ぶことが大事です。そして生活リズムが一定で昼間働き、夜寝ることができる仕事であることが大事です。そのうえで土日がしっかり休めるようならベストと言えます。

いきなり正社員でフルタイムに働くというのはどちらにしてもハードルは高いのでアルバイトや派遣社員といった責任感として軽めの働き方から始めることがお勧めとなります。

第一歩が踏み出せない?支援団体に活用

引きこもりから脱出しようと思って働きたいと思っても残念ながら最初の一歩が踏み出せない人も相当数いるのです。近年では年配者の引きこもりも増加傾向で一種の社会問題にもなっているのです。

頼るなら?

引きこもりが重症化してどうしても働く為の第一歩が踏み出せない状況であれば、引きこもり復帰支援をサポートしている団体に力を借りることも大事なことなのです。

引きこもり支援団体としては、引きこもり地域支援センターやKHJ全国引きこもり家族会連合会などがあるのでまずは相談することが一歩も二歩も前進になるのです。

まとめ

引きこもりから脱出する為には、一番重要なポイントは生活リズムの改善なのです。その理由は昼夜逆転したような生活では、あらゆることが面倒くさくなり、気力がなくなってしまい引きこもりが悪化する一方なのです。

更にいつも同じ格好でいることをいつでも外出できるような身だしなみを整えていくという事が引きこもりからの脱出の第一歩となるのです。

その上で責任感のなるべく軽い派遣社員といった働きからはじめ徐々に慣れていくことが大事なのです。それでもなかなか最初の第一歩が踏み出さ無いような人は支援団体を頼るということも重要なことなのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ