冬になると症状が悪化!?日照時間と冬季うつの関係とは

うつ病で悩んでいる人の中には、季節によってうつ病の症状が強くあらわれる人がいます。四季の移りかわりに伴って症状に変化がみられるうつ病は季節性うつ病と呼ばれます。

特に、日照時間がだんだんと短くなってくる秋頃から冬の終わりにかけては、様々なうつ病の症状が表れやすくなるといわれています。

このように、冬に見られる季節性うつ病は、冬季うつまたはウインターブルーとも呼ばれ、この名前からも寒い時期に症状が強く見られることがわかります。

日照時間と冬季うつの関係って何?

ところで、セロトニンは脳内神経伝達物質の中の一つですが、そのセロトニンが不足すると、イライラしたり、疲れがたまりやすくなったりするといわれています。

太陽の光を浴びることで、脳内のセトロニンが増えるといわれていますが、冬の時期は日照時間が少なくなり、それに伴って脳内のセロトニンの量も減少します。

冬季うつでは、体のだるさや気力の低下・過眠・過食・イライラなどの症状が見られますが、これらの症状が強く見られるのは、日照時間と相関関係があると考えられています。

ああ忙しい!冬の行事がうつ病に及ぼす影響とは

冬季うつは、日照時間が短くなることだけでなく、クリスマスや大晦日・お正月など、大きな行事が続けて行われる時期と重なることも関係します。

日照時間が減って、普段より重くうつ病の症状が出ているところ加えて、クリスマスやお正月がやってくることで、さらに症状が深刻になることも考えられます。

これらの行事では、夜更かしや食生活の乱れを招く恐れがある以外に、普段は会わない親戚に挨拶しなければならないなど、生活リズムが崩れたり、ストレスの原因となったりする要因が多いため、それらが引き金となって症状が悪化しやすいのです。

冬季うつの症状を悪化させないために

寒くなってくると、朝は布団から出るのもつらいことがあり、なかなか起きられない日もあるでしょう。できる限り規則正しい生活を心がけ、食事や運動・洗顔や入浴などの清潔面での活動など、日常生活を大切にすることがうつ病を悪化させないためにも重要です。

朝にはカーテンを開けて陽の光を浴びたり、できることなら散歩にでかけたりして、全身に太陽の光を浴びることが望ましいでしょう。

お日様の力を借りることで心身の状態を整えることで、冬季うつの症状が和らぐことにつながるでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ