介護疲れでうつへ!うつの改善方法は弱い自分も受けれてあげること! 女性 24歳 介護士 Y.I.さん

介護士として働き始めてから、自分のことを大嫌いになりました。

認知症のおじいさんやおばあさんを相手にするので毎日同じことを聞かされたり、急に訳が分からないところで怒られたり、本当に辛かったのです。

いつしか老人たちを憎むようになってそんな自分が嫌いでした。こういう積み重ねで介護疲れに陥って、そしてうつになりました。

まさか介護をしていただけで鬱になるとは思わなかったです。

休職したのは周りに悪い影響がないように!

私が仕事を一時休職することにしたのは自分がうつになったことで、周りに悪い影響を与えてしまうかもしれないと思ったからです。

介護士の仕事は体力いるし、何よりもパワーが入ります。どんなところでも明るく振る舞うそう言う明るさがいる職業だと思っています。私がうつのまま職場でいたら、入居者だけではなく周りの職員まで暗い雰囲気にさせてしまって良くないと思ったのです。

周りに悪影響が出るのが怖いので私は一度休職させてもらいました。

休職中は気持ちが焦って大変だった

休職した時に大変だったのはうつの気持ちをどうやって明るくさせるかです。どうにかしてうつを治さないと行けないと思いました。

そして仕事に復帰しないといけないというプレッシャーや焦りがありました。「どうしてこうなっちゃうんだろう」とか「私はなぜこんなに打たれ弱いんだろう」とか最初は自分をすごく責めてしまったのです。

これでうつが良くなるはずがありません。私は自分を責めたせいでもっともっとうつの状態が悪くなりました。プレッシャーを自分でかけて自分を苦しめたのです。

自分は悪くないと思うようにした

そうやって自分を責めていたらうつが悪くなる一方です。これじゃあ行けないと思って、私はやり方を変えました。うつを回復するために私は一旦自分を受け入れて見たのです。

うつになってしまった弱い私を許しました。そして「自分は悪くない」と思うようにしたのです。悪いのは職場の環境であり、認知症と言う病気が悪いと思いました。悪いのは私でもご老人でもなく病気と思って自分を責めるのをやめたのです。

そしたらふわっと気分が軽くなって少しずつうつは改善へ向かって行きました。自分でも不思議だけどうつになってしまった自分を許して受け入れて上げることが大事なんじゃないかと思っています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ