復職は難しい?うつ病で休職している人の復職の困難さと対処方法について

会社での様々な負担が抱えきれないくらい大きくなると、時に人はうつ病を発症してしまう事もあります。

そして、会社に行こうとすると夜眠れなくなる、朝頭が痛くて起きられなくなるなど、様々な身体症状が現れるようになると、段々会社に行くこと自体が困難になることもあります。

増えている社会人のうつ病

平成27年から、50人以上の従業員を抱えている企業において、ストレスチェックをすることが義務化されることになりました。これは、うつ病で働けなくなる人や、会社を休む人、転職する人が増えている現在の姿を反映していると考えられます。うつ病で仕事を休むと言うのは、誰にでも起こりうる可能性があります。

うつ病になる原因とは?

会社で働きながら、うつ病を抱えている人には特徴があります。以下にその特徴についてご紹介させていただきます。

人間関係で失敗している

会社には様々な人間がいます。うつ病を患っている人が口をそろえたかのように言うセリフが「人間関係が上手く行かなくて」。上司、同僚、部下、他部署の人、顧客など、色々な人と関わりながら会社では過ごしていくことになりますが、その中のたった一人の人と上手く行くだけでも出社することが負担になる可能性があります。

労働環境が過酷

中には、長時間の労働を強いられたり、休みがほとんどとることが出来なかったり、サービス残業ばかりであったりと、労働環境が過酷であるかのゆえに身体的にも体が弱ってしまって、不眠や頭痛などの症状が現れることがあります。これも身体症状として現れるうつ病と捉えることが出来ます。

環境の変化が大きい

昇格や降格、異動など、当たり前のように思われる環境の変化もうつ病の引き金となります。昇進は嬉しい事ではありますが、その分の負担が増えることになります。降格は悔しい経験になったり、自分を全否定されているかのように感じるきっかけとなるかもしれません。環境の変化は、人の心に大きな影響を及ぼしているのです。

一般的なうつ病の治療とは?

会社でのストレスを抱えると、様々なうつ病の症状が現れることがあります。身体症状としては、不眠や食欲の減退、頭痛や腹痛などが挙げられます。精神症状としては、抑うつ気分や意欲の減退。集中力の低下などが挙げられます。

会社がストレス源になっていることが多いのですが、自己申告ではそのことが認められることはほとんどありません。症状を緩和することも大きな目的ではありますが、多くは精神科を受診することになります。

精神科での対応

精神科では、本人の症状を緩和させるための治療として投薬治療や心理カウンセリングが行われます。また、環境からのストレスが大きいと考えられるため、環境の調整も行われます。具体的には、部署の異動が望ましいとか、しばらく休職をすることが望ましいという書類を作成してもらうことで、職場の環境に働きかけます。

自宅での療養

会社がストレスであることが多いため、しばらくストレス源から離れることで症状を落ち着かせたり、部署異動などがある場合はその準備をするために職場から離れたりすることで、症状を改善させていく方法が一般的によく取られています。自宅で心と体を休ませて症状を改善させることが狙いです。

一番大変なのは復帰すること

うつ病で会社を休む人が一番大変としていることが“職場への復帰”です。そもそも会社がストレスで職場を離れなければいけないほどの症状が出てしまっているわけなので、会社から一時的に離れて症状が緩和されたとしても、復帰することで症状が再発することが多いと言われています。では、どうして多くの人が再発してしまうのでしょうか?

①:人間関係が変化している

多くの人が感じると思いますが、復帰した時に周りの人からどのように扱われるのだろうかと言うことにとても不安を感じると思います。うつ病と言う病気はまだまだ誤解されていることが多く、周りの人もどのように接して良いのか戸惑ってしまって、腫物を触るような空気になることもあります。そんな空気がストレスとなり、症状を悪化させてしまう可能性があるでしょう。

②:医師は症状が治まったという判断しかできない

医師が「働いても良い」と許可を出すタイミングと言うのは、あくまでうつ症状が治まったタイミングになります。しかし、実際はうつ症状が治まることと、働くことが出来る状態であることはイコールでないこともあります。そのため、早すぎる復帰が症状を再燃させることもあるのです。

③:簡単な作業しかさせてもらえない

うつ病の人が復職をすると、軽作業しかさせてもらえないような部署に異動になることもあります。会社側からしたら配慮になるのかもしれませんが、本人からしたら能力を低く評価されているように感じてしまったり、その会社から必要とされていないように感じてしまう事もあるでしょう。そのため、居心地が悪くなってしまって、そのことが逆にストレスになる可能性もあります。本人の意思が確認される前に会社の環境が整えられてしまうとこのようなことが起きてしまいます。

復職のためにできること

うつ病で休職した人は様々な理由で復職を維持することが困難であると言われています。では、継続して働くためにはどうしたらよいでしょうか?

1:準備期間を作ってもらう

いきなり復職をすると、環境の変化が大きすぎて大きなショックを受けるかもしれません。そのため、復職する時は準備期間を作りましょう。例えば、通勤の練習をしてみる、朝通勤時間に外出をしてみるなど、出来る限り通勤に近いような環境を作り、徐々に体を慣らしていってみてください。

2:周りの人への説明を考える

周りの人は、休職していた人にどのように接して良いのかが分からなくなります。そのため、休んでいる理由を簡単に周りに説明したり、しばらくは定時で帰るように医師から推奨されていることを伝える等、ご自身の状況を周りに伝えられるように練習をしておくと良いでしょう。

3:噂話は覚悟する

周りの人は多少なりとも復職してきた人に対して噂話をしてしまうものです。周りの評価が気になるとは思いますが、多少は色々なことを言われると覚悟をして復職するようにしましょう。

4:薬の力を使う

復職してすぐは強いストレスがかかる時期でもあります。そのため、医師と相談をして不安が強い時の薬をお守り代わりに出してもらうなどして、いざという時の対処法を考えておきましょう。

まとめ:復職は難しい

休職している人の多くは、戻るタイミングを見失って長期間休んでしまっています。しかし、いつかは戻らなければなりません。それが難しければ転職を考えなければいけません。いずれにせよ会社で働くことになるのです。そのため、覚悟を持って復職をしていきましょう。とても大変なことなので、上手く戻ることが出来なくても自分を責めるのではなく、「明日は頑張ろう」と挑戦を続けてみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ