うつの症状に漢方薬が効くってホント?

漢方薬漢方薬とは中国から発症したもので東洋医学で用いられる薬です。

漢方薬は西洋医学で使われる薬と異なり、病状が発症してから飲むものではなく、その人の体質自体をゆっくり時間をかけて変えていくと言うのが基本的な考え方です。

ですので、気長な治療が必要とされます。緊急に気分の落ち込みなどがあるときはまずは薬で一旦体調を戻してから取り組むのがいいと思います。

漢方薬は体の調子を根本から変える

東洋医学では怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の気分変化を「七情」と呼んでいます。

漢方薬は様々な病気治療に用いられていますが、うつ病にも効く漢方薬という話があります。これは、うつ状態に陥りやすい体調を根本的に変えていくようにすることなんだと思います。

某有名芸能人がテレビで自身がうつ病をわずらった時に漢方薬で改善に向かうことが出来たとよく話しているのを最近耳にします。漢方薬には色々種類があるわけですが、どの漢方薬がおすすめなのか試すにあたって色々調べました。

ストレスやイライラがする方

代表的なものは「加味逍遥散(かみしょうようさん)」です。
これは、ストレスにより自律神経のバランスを崩してしまう方によく効きます。疲れやイライラなどの症状のある方にお勧めです。特に女性の更年期障害の方がよく飲まれています。

ストレスを減らしたい方⇒ 加味逍遥散(かみしょうようさん)

不安や不眠症の方

代表的なものは「酸棗仁湯」や「加味帰脾湯(かみきひとう)」です。
これは、心身が疲れて、憂うつ状態や不安感などがあり、夜寝付くのが良くなく不眠症の方によく効きます。

不安や不眠を解消したい方⇒ 加味帰脾湯(かみきひとう)

漢方薬は苦くて飲みにくいという方もいますが、慣れてしまえば全然大丈夫です。私も最初は嫌でしたが毎日飲んでました。

漢方はとっても奥が深いです。まだまだ、たくさんの種類があります。私が試したものは、まだ色々ありますが、代表的なものを上げてみました。まだまだいっぱいあるのでこれからも紹介していきます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ