どうやって立ち直ればいい?子どもの死がきっかけのうつ病!

子どもの死は、親にとってとても辛いものです。それがきっかけでうつ病になってしまっても、不思議ではありません。しかし、うつ病になってずっとその状態が続いてしまうことは、大変なことです。

ここでは、子どもの死をきっかけとしたうつ病から、どうやって立ち直ればいいのかを考えていきます。うつ病になる仕組みや、子どもの死の受け入れ方などを紹介します。

子どもの死でうつ病!うつ病になる仕組みとは?

うつ病とは気分障害で、憂鬱な気分になり意欲が落ち、更には体まで重くなって動くことができなくなってしまうという病気です。特に身近人が亡くなってうつ病になることを、「喪失うつ病」といいます。うつ病はとても辛いもので、自殺に至ってしまうこともあるくらいです。

何でうつ病になるの?

うつ病になるのは、例えていえば、ストレスの入るコップから水が溢れてしまったときになります。マイナスの感情が、オーバーフローしてしまったときになるのです。何かしらのストレス要因からなる場合もありますし、知らないうちにストレスが溜まっていて、気がついたら動けなくなってしまうパターンもあります。

子どもの死がきっかけの場合

子どもの死がきっかけの場合、子どもの死が大きなストレス要因となっています。人生の出来事にストレス値をつけた表があるのですが、配偶者の死を100、結婚を50とした場合、家族の死は63とかなり高い値となっています。子どもの死はとても大きな人生の出来事なのです。

突然の子どもの死!いきなりの方がストレスが大きい

そして、子どもの死は突然のときのストレスはとても大きいものです。病気などである程度、死を予感していた場合は心の準備ができます。しかし、突然の場合は、何の心の準備もなくいなくなってしまうわけで、そのストレスは想像を絶します。

心の準備は心のクッション

心の準備をしているかどうかは、子どもの死だけではなく、いろいろなことでいえることです。心の準備をしておくことは、上から落ちる場所にクッションを敷いておくようなもので、それだけでストレスの緩和となります。

自殺の危険性が高い!喪失うつ病の真実

喪失うつ病は、とても自殺の危険性が高いといえます。なぜなら、「あの人がいなくなってしまった」という喪失感のストレスがとても強いからです。子どもの死となれば、なおのことです。

こんな状態になったら危険

そして、まれに「死んだ子どもの声が聞こえた」などの幻聴が聞こえることができます。そういう状態なのは、死を受け入れることができないためです。どこかにいてくれるのではないか、とまだ期待しているのです。

子どもの死を受け入れる!その1番の味方は時間

子どもの死が原因でうつ病になった場合は、その子どもの死を受け入れることができなければなりません。受け入れることができないと、ずっとうつの状態が続くこととなってしまいます。受け入れるために1番必要なのは、実は時間なのです。

時間の経過がショックを弱めてくれる

時間が経過していくにつれて、子どもが死んだときのショックが弱まっていきます。そのおかげで、子どもとの思い出を振り返ったり、自分の人生について考えることができたりします。そうして、本当に徐々に徐々にですが、子どもの死を受け入れることができるようになっていきます。

子どもの死を受け入れる!その5段階

子どもの死を受け入れていくには、段階があります。ここでは、死を受け入れる5段階説を紹介します。その5段階は、以下の通りです。

  • 第一段階:否認と孤立
  • 第二段階:怒り
  • 第三段階:取り引き
  • 第四段階:抑うつ
  • 第五段階:受容

第一段階:否認と孤立

これは、子どもの死を受け入れられない状態です。「子どもが死ぬなんてあり得ない」と、事実をひたすらに否認し続けます。現実を受け入れないので、周りの現実を受け入れている人たちから孤立していきます。抑うつの段階でうつ病になる人もいますが、死のショックを受け入れられないことでうつ病になる人もいます。

第二段階:怒り

子どもが死んでしまったことに、怒りを覚えます。交通事故の場合は、自分の子どもを轢いた相手に、手術がうまくいかなかった場合は、手術をした医者に対してです。なんで、自分の子どもが死んでしまったのか、という不条理に対して怒りを覚えるのです。

第三段階:取り引き

この取り引きは、「自分が変わりに死ぬから、子どもを生き返らせてほしい」といったように、何かと取り引きを望むことです。何とかして子どもの命を取り返したいという気持ちで、何かしらの代わりに子どもを返してくれることを望んでいる状態です。

第四段階:抑うつ

取り引きが結局できないと観念すると、抑うつ状態になります。子どもの死をまだ受け入れられずに、気持ちがとても落ち込んでしまいます。これが最後の子どもの死を受け入れる試練ですが、この状態のときは自殺などの危険があり、とても危ない状態といえます。

第5段階:受容

この段階でようやく子どもの死を受け入れます。喪失感などがなくなって、子どもと過ごした思い出なども、いい思い出として受け入れることができます。時間が過ぎて、死のショックが和らいだ状態です。

時間が解決してくれる

結局、時間が心を癒してくれるのです。その間は、いろいろと心が揺れて辛い状態が続きますが、その試練を経てようやく受容します。その間は、いろいろな人に話を聞いてもらったりして、時間を稼ぐことが大事です。

まとめ

子どもの死がきっかけで、うつ病になることがあります。それを「喪失うつ病」といって、子どもの死の喪失感のショックからなります。喪失うつ病は、自殺の危険性が高いのも特徴です。「子どもの声が聞こえた」など、幻聴が聞こえたりする場合は、早めに医療機関に受診する方が良いでしょう。

子どもの死のショックを軽減してくれるのは、時間の経過が1番です。いろいろな人に自分の辛い胸のうちを話して、時間が過ぎるのを待ってください。次第に、受け入れられるようになるでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ