脳がうつ病の原因だった!うつ病の発症メカニズムは?

うつ病は生真面目で仕事熱心、責任感が強く完璧主義者で、社交的で明るく活発な反面、寂しがり屋で細かいことを気にするという性格の人がなりやすいということが分かっています。

また、そのきっかけも男女様々で、男性仕事による疲労、職場環境、精神的ストレス、経済問題などに対し、女性妊娠や出産、家庭内問題、女性ホルモンのバランスの乱れなどを機にうつを発症する人が多いと言われています。

うつ病は脳の働きに関係が?

うつ病の発症にはこのように人の性格や考え方、環境の他に、体質、脳内物質の変化などが深く関わっていると言われていますが、その発生メカニズムについてはまだはっきりしたことは分かっていません。

しかし発症要因の1つに、脳内の感情をコントロール神経伝達物質のバランスが崩れてしまうということが分かっています。

人間の脳は約1000億個の神経細胞でできています。そしてそれぞれの神経は直接繋がっているのではなく、シナプスと呼ばれる隙間が空いています。

情報が外部から入ってくると神経細胞からセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質がシナプスに放出され、次の神経細胞の表面にあるレセプターでその神経伝達細胞を受け取ります。

ストレスで脳の神経物質に変化が

このように脳内では情報が伝達されますが、ストレスを抱えていたり精神的、身体的な疲労が蓄積されている場合にはこれらの神経伝達物質の量や働きが低下してしまいます。

特にこれらセロトニンやノルアドレナリンは、意欲や気分を調整する際に放出される伝達物質で、感情をコントロールする働きを担っています。これらの物質放出のバランスが崩れることにより、うつ状態に陥ると言われています。

これらのことからうつは心の病気というよりは、ストレスが原因の脳の病気と言ったほうがしっくりくるのではないでしょうか。

実際に現在の研究段階では、何故これらセロトニンやノルアドレナリンの放出量が減少するのかは分かっていません。しかし、セロトニンは早寝早起きの規則正しい生活や日光浴、親子や恋人同士のスキンシップ、食事などで増やすことが出来ます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ