適法障害の治療に薬は不要なのか?3種類の薬で症状を緩和させる!

適応障害は、明確に特定されるストレス要因に対するストレス反応として症状が引き起こされる疾患であり、うつ病のような脳内の情報伝達物質の異常がある疾患ではありません。

適応障害の根本的な原因は「特定の環境に適応できないこと」にあり、「環境に適応できる薬」は存在しないため、適応障害における薬物療法の位置づけは補助的な「対症療法」となっています。

適応障害の薬物療法では、どのような場合にどのような薬剤が用いられているかについて説明します。

治療の基本は精神療法!薬物療法の目的とは?

適応障害は自然に治る事も多い疾患でもありますが、治療には精神療法を主体に薬物療法を組み入れて施されています。

薬物療法は期間限定!

適応障害の治療は、ストレス環境で傷ついた心に働きかける「精神療法」が主体となっています。速やかで適切な治療を行えば、多くの場合で3か月程度の短期間で回復がみられ、薬物は期間を限って症状の緩和など補助的に用いられます。

症状の緩和が主目的!

薬物療法は、適応障害に伴って現れる症状を緩和することが主目的です。薬剤の効果により、日常生活に支障を起こしている症状を改善または緩和することで、症状の悪化やうつ病への移行を防止する狙いがあります。

    <薬物療法を行うケース>

  • うつ病など他の精神疾患への進展の可能性が高い場合
  • 不安や不眠など症状の苦痛があまりに強く、症状を緩和しないと根本的な治療が行えない場合

薬は本人の症状に合わせて!主に処方される薬とは?

適応障害そのものを治癒するための薬はありませんが、不安や不眠など情緒面や行動面での症状に対して薬剤が処方されます。

症状の経過観察が重要!

薬の副作用とは効果の一部であるため、どのような薬にもそれぞれメリットとデメリットがあります。また、ある人に効いた薬が、同じ症状があるからといって別の人にも効くとは限りません。

そのため、症状の経過を確認しながら量の増減や種類の変更など、本人の状態に合わせて処方していきます。

症状に対応した薬とは?

適応障害で処方される薬剤は、生じる症状は多岐に渡るため、その症状に合わせてさまざまな種類が適切に選択されています。

    <主に処方される薬の種類>

  • 抗不安薬:不安や恐怖が強い場合
  • 抗うつ薬:気分の落ち込みなど抑うつ症状が強い場合
  • 睡眠薬:不眠症状が強い場合

抗不安薬の種類とは?抗うつ薬の種類とは?

適応障害の症状として、「不安」や「不眠」などの症状に対しては「ベンゾジアゼピン系の薬」、抑うつ症状に対して「抗うつ薬」が処方されています。

抗不安薬の種類とは?

適応障害で処方される「抗不安薬」と「睡眠薬」は、ベンゾジアゼピン系が多く、種類は20種類以上あります。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は、抗不安薬の中でも、特に抗不安作用が強く、筋弛緩作用がある薬は肩こりにも使用され、催眠作用がある薬は睡眠薬としても処方されています。

睡眠薬の「依存性」を心配する人は多いですが、それは「バルビツール酸系」の睡眠薬のことであり、日本で一部の薬(ラメルテオン)を除きほとんどベンゾジアゼピン系の薬が処方されています。

抗うつ薬の種類とは?

適応障害で処方される「抗うつ薬」には、主に以下の薬剤が用いられています。

現在では、三環系より副作用が少ない「SSRI」が主流で、「SNRI」や「NaSSA」は新しい薬剤です。三環系および四環系抗うつ薬は、SSRIIなどでも効果がみられない場合にのみ使用されています。

    <主な抗うつ薬>

  • SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬):フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリン、エスシタロプラム
  • NaSSA(ノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ薬):ミルタザピン
  • SNRI(セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、ミルナシプラン、デュロキセチン
  • 三環系抗うつ薬:イミプラミン、クロミプラミン、アモキサピン
  • 四環系抗うつ薬:マプロチリン

どの薬にも副作用がある!指示通りの服用を!

どの薬も効果は高いですが、副作用が現われてしまうことがあります。また、服薬により症状が軽くなり自己判断での服用中止や、用法とは異なる方法での服用では、重篤な副作用が起こる事もあるので、医師の指示通りに服用することが大切です。

現れる主な副作用とは?

服用する薬の種類毎で現れる副作用は異なっており、主な副作用は以下の通りです。

    <主な副作用>

  • NaSSA:眠気、倦怠感、便秘など
  • SNRI:頭痛、吐き気、めまい、排尿困難、高血圧など
  • 三環系、四環系抗うつ薬:口が渇く、手のふるえ、吐き気、頭痛、便秘、尿が出にくくなるなど
  • 抗不安薬:眠気、倦怠感、注意力低下など

適応障害を治すには?ストレス対策が重要!

薬物療法を行う上では、「適応障害はお薬で治すものではない」という原則を忘れないことが重要です。

脆弱性の改善が再発を防ぐ!

治療において一番必要なことは、ストレス要因からの解放やストレス耐性を身に着けることです。

適応障害は、ストレス要因の除外ができない場合や、ストレスに対する脆弱性が改善されない場合は、再発の可能性も高い疾患であることも忘れてはなりません。

まとめ

適応障害の治療では、薬物療法は補助的な治療法ですが、辛い症状を抱えたままでは満足な精神療法など根本的な治療を受ける余裕は生まれません。しかし、精神疾患、いわゆる「心の病気」に薬を使うことに、抵抗感や不信感をもっている方や、充分な知識を持たず偏見で、患者に薬の害悪を指摘してしまい、治療を妨げてしまう人も存在しています。

そのためには、薬の効果と副作用の知識を学習し、正しく危険性の認識を持つことが必要です。

薬物療法や精神療法にしても、効果が現れまである程度の時間が必要ですので、焦らず治療を進めましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ