丸岡いずみが語るうつを克服するためのアドバイス

丸岡いずみ2011年に発生した東日本大震災でうつ病となったのが、元日本テレビキャスターの丸岡いずみさんです。東日本大震災後、キャスターとして多くの現場で取材を行った彼女は、これをきっかけに体調を崩してしまったそうです。

同じ年の8月には、食事も食べられず、眠る事すらできないとほどに、症状が悪化したそうです。この頃に、内科を受診したそうですが、その時には自律神経失調症との診断結果が出たと言います。

体調が元に戻らず

自律神経失調症と診断された後も、体調が元に戻る事はありませんでした。そこで地元である徳島に戻り、精神科を受診したところ、重度のうつと診断されたのです。

彼女はその時の事を「かなりショックでした」と語っています。「うつを伝える立場にあるキャスターの自分がなるなんて」と思ってしまったそうです。

また、丸岡いずみさんは自分自身の性格的に、無縁の病気と思っていたようです。自分自身の事を、活発かつ楽天的な性格と思っていたのですから、無縁と考えるのも当然です。

さらに、彼女の中には真面目な性格で心の弱い人がかかる病気というイメージもあったそうです。しかし、こうしたイメージが偏見であった事を、実際に病気になった事で理解できたと話しています。

有村昆さんの支えで

それから彼女は、精神科で処方された薬を服用しながら、体調を取り戻していきました。そして現在の夫である、映画コメンテーターの有村昆さんの存在も大きかったようです。

有村昆さんは、2週間に1度はお見舞いに行き、献身的に彼女を支えたそうです。しかも、うつに関する本を30冊も読んでいたのですから、良き支えとなった事は間違いありません。

丸岡いずみさんからのアドバイス

丸岡いずみさんは、現在うつで苦しんでいる人に向けて2つの克服のアドバイスを話しています。

1つ目のアドバイスとなるのが、きちんと専門医に通って薬を服用する事です。

2つ目のアドバイスは、周囲に病気を隠さずに伝える事でサポート体制を整えるという事です。

簡単に克服できる病気ではありませんが、彼女のように実際に克服した人物もいます。そんな彼女だからこそ伝えられるアドバイスは、是非参考にすべきでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ