丸岡いずみから学ぶうつを克服する為には

うつを克服した有名人として、広く知られているのが丸岡いずみさんです。

彼女は、東日本大震災をきっかけにうつを発症したそうです。

東日本大震災の現場取材で

東日本大震災当時、まだアナウンサーとして働いてた彼女は、震災の翌日には取材の為に岩手県入りしました。そこで目にした悲惨な光景が、彼女に負担を与える事となったのです。

また、東日本大震災から2ヵ月後に行った海上自衛隊の取材でも、彼女は多くの悲惨な光景を目にしました。この時彼女は、海上自衛隊の護衛艦に乗り、行方不明者の捜索を取材していました。収容されていくのは、損傷の激しい遺体ばかりで、心身共にかなりつらいをしてしまったそうです。

東日本大震災は、丸岡いずみさんにとってはうつのきっかけと言えるでしょう。しかし、それまでにもアナウンサーとして、色々な取材を行い、様々な現場に足を運んでいます。

そのため、アナウンサーという仕事の中で積み重ねてきた悲しみや苦しみが、発症の原因とも考えられます。

仕事を辞めて故郷へ

そんなアナウンサーの仕事を辞めた後、彼女は故郷へと帰っています。その時に、病院で初めてうつ病という診断を受けたそうです。そして精神科に入院し、半年間の療養生活を送りました。

丸岡いずみさんの療養生活は?

この丸岡いずみさんの療養生活からは、病気を克服するポイントを知る事ができます。故郷での療養生活中、彼女はガーデニングに取り組んだそうです。

ガーデニングを行うという事は、土や草木に触れ、太陽の光を浴びる事になります。特に太陽の光を浴びる事は、セロトニンの分泌の正常化に繋がります。セロトニンが不足してしまうと、心の病の発症リスクが高くなると言われているほどです。

そのため、太陽の光を浴びる事は心身の健康を取り戻す上で重要であり、病気を克服するポイントと言えるでしょう。

丸岡いずみさんの現在

現在、丸岡いずみさんは映画評論家の有村昆さんと結婚し、幸せな生活を送っています。夫婦揃ってテレビに出演している事も多く、うつを克服した元気な姿を見せてくれています。

その姿を見ていると、励まされる人も多いのではないでしょうか。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ