不安障害に漢方薬は効く?心と体が不調なら試す価値ありです

不安障害になるとは心の不調とともに体の不調も訴えるケースが多く見られます。そのような時に漢方薬は効くのでしょうか?一般的には心だけが不調だという人にはサプリメントが合います。そして心も体も不調で不安障害を体質から改善したいと考えている人には漢方薬が非常に有効なのです。

但し不安障害を通り越して鬱病を発症しているような状態の場合には勝手判断で漢方薬を飲むのではなく病院に行ってキチンとした診断をしてもらう事が必要となります。

不安障害に効く漢方薬は?精神安定を促します

不安障害にはどのような漢方薬が効くのでしょうか?代表的なものとしては次の通りとなっています。

代表的な漢方薬は?

不安障害に効果がある漢方薬は鎮静作用、精神安定、去痰作用、筋弛緩作用などの効果が期待されます。

    <代表的な漢方薬>

  • 半夏厚朴湯
  • 茯苓飲合半夏厚朴湯
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯
  • 抑肝散
  • 抑肝散加陳皮半夏
  • 帰脾湯
  • 加味帰脾湯

漢方薬のメリットは?身体に優しい

不安障害になってしまった時に漢方薬を選ぶメリットとしては次のような事が挙げられます。

体への負担は?

漢方薬のメリットとしては摂取する事による身体への負担が非常に少ないという事があるのです。

その理由はなぜですか?

その理由としては西洋医学で処方される薬は1症状に対して1つの薬が処方される事が前提となっています。その為に症状の数だけ薬が必要となってしまうのですが、漢方薬の場合は複合的な症状に合うように生薬を組み合わせて作ってくれるので1つの漢方薬で十分対応ができるのです。

漢方薬はどれ位で効果がでるの?約2週間です

不安障害の治療として漢方薬を選んだ場合、結果はあまり急いではいけません。通常は西洋医学で処方される薬と比較すると効き目が穏やかである為、最低でも2週間位、長いと3ヶ月ほどかかって効果が実感できるのです。

2週間使っても効果が感じられない時は?

漢方薬を飲み始めて2週間経っても何の改善も効果も見られないような時には、その漢方薬は合わないという判断をする必要もあるのです。

複数の漢方薬を飲むのは?基本はダメです

不安障害は基本的には一つだけを発症する事は少なく複数併発する事が多いのです。複数を併発していると色々とストレスを感じることも多くなり、いくつかの種類の漢方薬を同時に試したくなってしまうものです。漢方薬を複数飲む事は問題無いのでしょうか?

漢方薬の基本は?

漢方薬を飲む場合の基本は、色々な症状が出ていたとしても1種類の漢方薬で治療する事となっています。その理由は漢方薬の併用には副作用を起こすケースがあるからなのです。

併用によって副作用を起こすケースとは?

漢方薬を複数併用した場合に起こす副作用として心配されるのはむくみや血圧上昇などがあるのです。その時に実は注意する必要があるのが甘草でこれが重なり合うことで副作用が出てしまうのです。

西洋の薬と漢方薬の併用は?問題なし

病院などに通うようになると西洋医学の薬を配合されることがあります。この時に漢方薬は同時に併用してもいいのでしょうか?基本的な答えとしては問題ないのです。

注意する事は?

西洋医学の薬と漢方薬を併用する時に注意することとしては、反対の効果を持つ薬同士を併用してしまうと効果が相殺されてしまうので意味が無くなってしまうので注意が必要です。但し本当に問題無いかどうかは自分で勝手に判断するのでは無く、必ず処方を受けた病院で確認をするようにしてください。

漢方薬を購入するには?病院での処方がお勧めです

漢方薬は薬局やドラッグストアなど市販でも購入する事は可能ではありますが、不安障害の治療のために購入する場合には、やはり病院できちんと診察を受けた上で先生の判断に基づき処方された漢方薬を購入する事がお勧めです。

病院で処方してもらうと?

病院で処方してもらうと安心であることと同時に健康保険も適用となるので市販で購入するより安く漢方薬を手に入れる事が出来るのです。そして実は有効成分の分量も市販品と比べるしっかりと入っています。

まとめ

不安障害を治す方法として有効なものの1つに漢方薬があります。しかし漢方薬と言ってもどの種類を使ったらいいのかとか選ぶ基準が難しく普段馴染みが無い人には遠慮してしまいがちです。しかし漢方薬は心と体の両面に作用し身体を根本から改善してくれる効果があるので不安障害のように心にも身体にも症状が現れる病気には非常に有効な治療方法なのです。

漢方薬には種類は色々ありますが、基本の生薬としては半夏、茯苓、厚朴、蘇葉などが代表的でそこから作られた漢方薬が、効果があるのです。漢方薬の効果はおおよそ2週間ほどで効果が現れますので是非試して見る事をお勧めします。

その際には市販でも購入はできるのですが、きちんととした病院で症状を確認してもらい、その症状にあった漢方薬を処方してもらうように気をつけて下さい。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ