自律神経失調症の症状はどんなもの?体と心の不調に注意!

自律神経には2種類あり、正常な状態であればその2つが適切なバランスを保って人間の体を動かしています。しかし時にそのバランスが崩れ、人間の体からあらゆる症状を引きおこすことがあります。これを一般的に「自律神経失調症」と呼んでいます。

自律神経失調症の症状は多岐にわたり、あらゆる症状で人を悩ませますが、実際に自律神経失調症であることを自覚している人は非常に少ないです。

そこで、「自律神経失調症とはどのような病気なのか?」「自律神経失調症の主な症状はどのようなものなのか?」ということを中心に、自律神経失調症について掘り下げていきます。

自立神経とは?自律神経には2つの種類がある!

肺や心臓、血管、消化器官などの人間の各器官を支配しているのが、自律神経です。自律神経は交感神経副交感神経の2種類があり、それぞれがそれぞれに対して反対に作用しています。この作用のバランスを調節することで、人間の体は適切に動くようになっています。

自律神経失調症とは?理由がわからない不調に注意!

自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れて調節ができなくなった場合に起こる心身の不調のことを言います。この不調は、各種の検査をしても原因が特定できません。

自律神経はどちらが優位すぎても体や心に異常をきたしてしまいますので、バランスを調節することが非常に大切になっていきます。

自律神経失調症の主な症状は?あらゆるところに症状が隠れている!

実は自律神経失調症には、「これだ!」という明確な症状はありません自律神経失調症の症状は非常に多岐にわたるからです。影響を受ける箇所も数多くあり、代表的なものは下記の通りになります。

    <自律神経失調症で影響がでるもの>

  • 全身
  • 頭部
  • 呼吸
  • 心臓
  • 消化管
  • 膀胱
  • 生殖器

全身症状はどんなもの?

自律神経失調症では、全身に影響が出る場合があります。主に倦怠感や眠気、疲れやすいといった症状があげられます。

頭部の症状はどんなもの?

頭痛や頭が重い、ぼんやりして集中力に欠けるといった自覚症状がある場合は、自律神経が乱れている可能性が非常に高いです。頭部MRIなどを撮影しても異常が見られない場合は、自律神経失調症かもしれません。

呼吸の症状はどんなもの?

息苦しい、息切れ、喉の詰まり感などを感じるのであれば、自律神経が影響している可能性があります。呼吸器科を受診しても原因が見当たらない場合は、自律神経失調症の疑いが強いです。

心臓の症状はどんなもの?

動機や胸の詰まり感、ふわふわとしためまいや立ちくらみ、不整脈、血圧の変動は、自律神経のバランスを失って心臓に影響している可能性が大いにあります。心臓外科で検査をして影響がない場合は、自律神経失調症である線が濃厚です。

消化管の症状はどんなもの?

胸焼けや胃のむかつき、吐き気、下痢、便秘、みぞおち付近の痛みや腹部の張りは、自律神経が関係している可能性が高いです。腹部のエコーや胃カメラ、レントゲン撮影でも異常が見られない場合は、自律神経失調症を疑ってみても良いと言えます。

膀胱の症状はどんなもの?

トイレが近かったり、残尿感があったり、尿が出しにくいなどという自覚症状がある場合は、泌尿器科で相談してみるのがベストです。もし異常が見当たらなければ自律神経失調症を疑い、対症療法を医師と相談してみましょう。

生殖器の症状はどんなもの?

女性であれば、自律神経失調症になると月経不順や強い月経痛、不感症などの症状を自覚することがあります。婦人科で相談しても何の原因も見当たらない場合は、自律神経失調症の可能性があります。

その他の症状はあるの?

代表的なもの以外にも、冷えやのぼせ、しびれ、震え、耳鳴りやほてりといった異常を自覚しやすい症状から、肩こりや腰痛、目の痛み、皮膚のかゆみなど、自覚しにくい症状まで様々です。少しでも気になるものがあれば、医師に相談してみるのがベストです。

様々な自律神経失調症の症状は体以外にもある?心に影響が出ることも!

自律神経失調症は、身体的な症状だけが出るとは限りません。不安感やイライラ、緊張といった心のバランスを失った状態も自律神経失調症の症状の一種である可能性があります。

「なんだか心の感じ方がいつもと違う」と思ったときは、心療内科や精神科といった専門機関に相談してみるのがベストです。

自律神経失調症の原因は?ストレスや生活習慣に注意!

自律神経失調症の原因は、一般的に過度なストレス生活習慣の乱れであるとされています。家庭環境や仕事の負担、生活環境が変化するといったストレスを生みやすいものは、同時に自律神経失調症の引き金を引きやすい事柄でもあります。また、不規則な生活も自律神経を招く要因ですので、注意が必要です。

自律神経失調症で特に気をつけることは?意識することが大切!

自律神経失調症について、症状をメインに解説しました。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって引き起こされます。その原因は慢性的なストレスや、睡眠不足などによる生活習慣の乱れにあります。

よって、自律神経失調症を改善させるためには、適切なストレス解消法を持つことと、規則正しい生活を送ることが非常に重要となります。自分がどのような状態であるか、どのような生活を送っているかをしっかりと意識することが、自律神経失調症の改善に大きく役立ちます。

不調を感じている人は日々の行動を省みて、「自律神経にとって適切な生活を送ることができているか?」と自問することから始めましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ