知らないとうつになる!うつと低体温の関係とは?

冷え冷えは万病の元と言います。低体温の人はうつになりやすいと言われます。

初めて聞いた方もいるでしょうか?

それは、低体温だと血液の循環が効率的に行われなくなり、5大栄養素でも紹介した栄養素やそこから生まれる酵素が各内臓へうまく運ばれなくなります。

内臓機能の低下は、抗うつ剤とはでも紹介した「セロトニン」が作られるのを阻害します。そうなると、シナプスとの間でやり取りされるセロトニンが不足するのでやり取りがうまくいかない、結果として「やる気が起きない」という状態になります。

食べ物で注意すること

すること
温かい食べ物をなるべく食べる(加熱調理したものを取る)
冷たい飲み物や食べ物をなるべく避ける(冷たいものを多くとると糖分には体を冷ます作用があります)
旬の野菜や果物を食べる(夏には夏の冬には冬の食べ物の役割がある。夏の食べ物には体を冷やす作用があると言われます。)
過度なダイエット(過度なダイエットは必要な栄養が欠ける)

食べ物以外で注意すること

次は食べ物以外ではどうすればいいでしょうか?
それは、体を冷やさないことです。

すること
夏場にエアコンの使い過ぎには気を付ける(夏にエアコンがガンガン効いているところに一日中いると体が冷えます。エアコンの使い過ぎには注意しましょう)
お風呂にゆっくり浸かり、体を温める(お風呂の後など気持ちがいいですよね)

このように、体を温かくする⇒低体温を避けることによってセロトニンが作られるのを阻害しないようにして、うつにかかりやすい状態になるのを避けましょう

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ