睡眠障害の対処法は病院だけで良いの?自分で出来る対処法もある!

睡眠障害とは眠れない事が続いている状態です。では、寝る事が出来れば良いのかと言えばそうではないのです。時間をかけて寝ても疲れがとれなければ仕方がないのです。

ですから、質のいい睡眠をとる事が必要になるのです。良い睡眠がとれれば健康上にも脳の機能の上でも良い影響がでます。

睡眠障害の治療には、病院での治療が必須ですが自分で出来る事も幾つかあります。今回は睡眠障害の自分で出来る対処方法について調べました。

睡眠障害とはどんな事?睡眠に問題があるという事!

睡眠障害と言うと、不眠症を連想される方も多くいます。でも、それだけではないのです。睡眠障害とは、なかなか眠る事が難しくなったとか寝ているのに朝起きた時にすっきりしないなどの症状が続いて起きている時でその症状の事を言います。

症状は、原因によって違いがあります。生活習慣から来る時や、持病等の処方により飲んでいる薬から来る時、気がつかずに罹っている病気から現れている時等と様々です。

睡眠障害の種類とは?

なかなか熟睡が出来ない状態になる、睡眠障害には人により症状は様々ありますが大きく分けて6つに分ける事が出来ます。下記に挙げてみました。

    <睡眠障害を大きく6つに分けた時の症状とは>

  • 不眠症
  • 過眠症
  • 概日リズム睡眠障害
  • 睡眠呼吸障害
  • 心や身体の病気からの睡眠障害
  • その他の睡眠障害

6つの症状の内容や原因は?日常生活や病気が原因!

大きく6つに分けられた症状は、それぞれに違いがあります。また原因についても、違いがあります。それらは、普段の生活環境から来ている時もありますが患者さんが知らないうちに、罹っている病気の時もあります。

自分では気がつかないが、人に指摘を受けて気がつくような症状もあります。どのような症状にも理由があり、自分でどうにか出来ない時もありますので気がついた時には早めに専門医への受診をお勧めします。

不眠症の症状と原因?

不眠症とは、寝つきが悪い、朝までぐっすりと眠れない、朝早く目が覚める等の症状があります。原因は、生活環境で眠りにつきにくい状況にある時やストレスに持病で服用している薬の影響から来ている事があります。

過眠症の症状と原因?

過眠症とは、夜の睡眠時間を充分にとっているのに昼間眠くて生活をするのに支障が出ている状態にあります。原因は、こうなる患者さんに必要な睡眠時間が足りていない事にあります。普通の睡眠時間は平均7時間くらいですが、10時間以上の睡眠が必要な人もいます。

概日リズム睡眠障害?

これは、夜間不眠や1度眠りに入ると昼過ぎまで起きれないで仕事の低下等がみられます。原因は仕事等で勤務時間の変化があり体内時計が崩れた事や脳梗塞の後体内時計のリセット機構に影響が出ている状態があります。

睡眠呼吸障害とは何?

これは、寝ている時に大きないびきがあり寝ている時の呼吸の異常起きた時の倦怠感や頭痛などがあります。寝ている間の事は、自覚が無いので家族から指摘を受ける事が多いです。原因は、肥満によるケースが多く見られます。

心や体の病気による?

心の病気や身体の病気が原因で、不眠の症状が出る事もあります。風邪から脳梗塞等の病気や、うつ病、統合失調症等の心の病気から来る事もあります。

その他の睡眠障害とは?

寝床に入ると、足に虫がはっているような違和感で眠らない事や寝ている時に何度も手や足が動いて何度も目が覚めます。また、悪い夢などの時もあります。学童の場合、寝ながら大きな声をあげる事もあります。いずれの症状も、繰り返される時には専門の医師に相談される事をお勧めします。

他の原因もある?年齢的なことも原因の1つにある!

上記に説明したもの以外に、年齢的な事も原因の1つにあります。若い時には何時間でも眠れる事が出来ても、年齢を重ねる事でだんだんと睡眠時間が短くなってきます。

実際の睡眠時間が5時間くらいに減ってきているのに、寝床にいる時間は10時間くらいのケースもありその為に眠れないと感じているケースもあります。体内時計も崩れる事も原因にあり、睡眠に入る時には体内時計ホルモンのメラトニンが深く関係しています。

メラトニンとの関係!

メラトニンは、脳内の松果体で分泌されて睡眠に入る前に分泌量が多くなり睡眠に入りやすくしてくれます。睡眠ホルモンとも言われています。メラトニンは、年齢を重ねると分泌量が減少していきます。

治療の基本は病院で?プラス自分で出来る事もある!

睡眠障害は症状も原因も、人により様々あります。どのような症状でも、眠れなくなる事が続く事で生活していく事や仕事をしていく上で支障が出て来ます。

また、大きな事故などに繋がる時もあります。病気が原因の時もありますので、病院での治療が必要不可欠になります。その上で、自分で出来る簡単な事もありますので紹介します。

体内時計を整える!

体内時計を整えましょう。睡眠ホルモンメラトニンの分泌を促す為にも、朝起きた時に太陽の光を浴びると起きてから14から16時間すると眠気を感じるので眠りやすくなります。

睡眠で大事な事は?質の良い睡眠をとりましょう!

人は、朝明るくなったら起きて朝日を浴びて昼間も光を浴びて動いて規則正しい食事を摂り夜暗くなったら眠るこのような基本的な事を繰り返す事で健康に過ごす事が出来て脳の働きにも良い影響が出ます。

ただ寝れば良いのではなく、質の良い睡眠が必要です。病気から生じる時もあるので必ず専門医を受診して治療を受けながら行う事も大事な事になります。

専門の医師との連携!

睡眠障害の治療には、専門の医師の正しい治療が1番です。睡眠障害の原因をきちんと確認して、治療をする事が優先です。医師と相談の上、状況に合わせて自分でも出来る事をして行きましょう。

まとめ

今回は、睡眠障害の対処方法を調べる為に睡眠障害とは何なのか、症状や種類に原因そして自分で出来る対処法について調べました。

睡眠障害とは、眠る事が難しくなったとか寝ているのに朝起きた時にすっきりしないなどの症状が続いて事です。症状は大きく6つに分けます。原因は症状により違いがあり、普段の生活環境や病気もあります。

朝明るくなったら起きて動いて、規則的に食事を摂り夜暗くなったら眠るこの事で健康に過ごし脳にも良い影響が出ます。

質の良い睡眠が必要です。体内時計を整え睡眠ホルモンメラトニンの分泌を促し寝やすくします。病気から生じる時もあるので必ず専門医を受診して治療を受けながら行う事も大事な事になります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ