適応障害と「うつ」はどう違う?決定的な要素はただ2つだけ!

適応障害も「うつ」も、精神科領域での疾患です。両者には似通っている点が非常に多いため、それぞれの疾患について十分な知識を持たない人からは近藤資されてしまう傾向があります。

ところが、適応障害と「うつ」の間には決定的な違いが存在しています。適応障害と「うつ」は全く異なる疾患であるという認識が不十分な場合、「適応障害は甘えているだけ」と誤解されてしまうのです。

適応障害と「うつ」の違いについて解説します。

適応障害と「うつ」の症状とは?こんなにも似ている!

適応障害と「うつ」は非常によく似た症状を呈します。両者に共通してみられる代表的な症状を紹介しましょう。

精神症状

適応障害と「うつ」ではこのような精神症状が現れます。

  • 憂鬱感
  • 気分の落ち込み
  • イライラ
  • 不安感
  • 集中力の低下
  • 死にたい気持ち
  • 消えてなくなりたい気持ち
  • 涙が止まらなくなる

身体症状

適応障害も「うつ」も、精神的な症状だけでなく身体的な不調を伴うことがほとんどです。

  • 不眠または過眠
  • 食欲低下または過食
  • 朝起きられない
  • 思うように体が動かない
  • 行動に時間がかかる
  • 自傷行為

適応障害と「うつ」の違いは?適応障害にのみ現れるのはこんな症状!

適応障害と「うつ」の違いを理解する助けになるのが、適応障害にのみ見られる独特な症状です。「うつ」と適応障害を比較してみます。

「うつ」の特徴的な症状

「うつ」症状の特徴として、症状が継続する点があります。多少に波があるにせよ、「うつ」では症状が消失することはありません。日によって程度の差はあれ、症状そのものが消えたり現れたりを繰り返すことはないのです。

適応障害でしかみられない特徴

一方、適応障害では症状が現れるタイミングが非常にはっきりしています。適応障害では、原因となっている特定のストレス環境に直面したときのみに症状が出現し、ひとたび原因から離れれば症状は嘘のように消えてなくなります。

症状出現のきっかけが明確にあるのが適応障害

適応障害と「うつ」の最大にして唯一の相違点は以下のようにまとめることが出来ます。

「うつ」では症状の消失がみられないのに対して、適応障害では症状出現の原因がはっきりとしており、原因から離れると症状が消失してしまうという相違点があります。

さらに、症状の出現・消失のスイッチの存在を本人も自覚している点も適応障害ならではの特徴です。

何が違う?適応障害と「うつ」の発症原因とは?

適応障害と「うつ」では、出現する症状自体は似通っているものの、症状の現れ方に明確な違いがあります。両者の発症のメカニズムを見ていきましょう。

「うつ」の発症原因

「うつ」では発症原因を明確に特定できないことも珍しくはありません。具体的に思い当たるような要因がなかったとしても、何らかの理由で脳内のセロトニンという物質が減少してしまうことで発症するのが「うつ」です。

脳内では慢性的にセロトニンが不足しているため、「うつ」は脳の病と捉えることもできます。

適応障害の発症原因

適応障害では、発症に至った明確で具体的な原因を特定することが出来ます。ある特定の環境におけるストレス状態に心身が適応することが出来なくなった結果、症状が現れるのです。つまり、適応障害は一種の恐怖症としてとらえるのが適当です。

適応障害が「甘え」とみなされるのはなぜ?誤解される理由とは?

メディアなどでは適応障害は単なる甘えであるととらえられる場面も少なくはありません。実際、適応障害を甘えと捉える人の数も多いのです。どうしてそのような誤解が生じてしまうのでしょうか?

見かけ上の症状が似ている

適応障害でストレス環境下に置かれたときに現れる症状は「うつ」の症状ととてもよく似ています。すると、周囲の人からは「うつ」であるという認識を持たれてしまいます。

「うつ」のイメージとのギャップ

ところが、実際には「うつ」と適応障害は全く別の疾患です。適応障害は、ただ特定の環境にのみ適応できないだけなので、そこから離れさえすれば生活上何の問題もないのです。

ストレス環境下にはいない状態の本人を見た人は、「うつ」とのギャップに違和感を覚えます。「元気な部分」を見ると、「嫌なことはやれないくせに、好きなことなら楽しむことが出来るヤツ」という「甘えた人」というレッテルが貼られてしまうのです。

甘く見ないで!長期化すると「うつ」へ移行することも!

適応障害は原因がはっきりと特定できるため、「うつ」と比較すると治療がしやすい疾患です。しかし、だからと言って軽く考えるのは危険です。それはなぜだと思いますか?

適応障害は予後が良好

適応障害はその発症要因が明確です。そのため、本人に意志さえあれば治療は比較的スムーズに進みます。基本的には原因が解決されてから6か月以上症状が継続することはありません。適応障害は「うつ」よりも予後が良好と言われるのはこのためです。

4割は「うつ」へ移行

とはいえ、適応状態が長期化してしまうとそのまま「うつ」に移行してしまう可能性が非常に高いのも事実です。適応障害と診断された患者の約4割程度が、数年以内に「うつ」へと診断が変更されてしまっているのです。

早期の対応がカギ!治療は主体的に取り組んで!

「うつ」へ移行してしまうと、適応障害のような予後は見込めません。回復までには年単位という長期間を要するのが当たり前だからです。

「うつ」へ移行させないために大切なのは、治療に対して受け身でいないことです。医師や薬任せにせず、主体的に治療に取り組むことが何より必要とされるのが適応障害だからです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ