気分変調症にはどんな診断があるの?注意すべき症状を解説!

気分変調症という言葉をご存知ですか。

言葉からも推測のとおり気分が変調している症状ということですが、もう少し詳しくいうと朝から晩まで気分がすっきりしない状態が続く慢性的な疾患のことをいいます。

身近な方が不登校で悩んでいる方がおられれば、お伝えする診断方法でチェックしてみてはどうでしょうか。

どのようにチェックをしたらいいの?

まず、診断基準でチェックする方法があります。診断基準はアメリカのDSMIV-TRというものがあり、症状によってチェックしていく手法となっています。どういった場合に変調症と診断されるのかといいますと、「基本症状が一つ以上」、「その他の症状が抑うつ期に2つ以上」、「条件の両方」を満たしていると変調症と判断されます。

では、基本症状・その他の症状・条件というのが何を示すのかといいますと、基本症状とは抑うつ気分が一日中続いたり、感じる日の方が多かったりする時です。また、抑うつ状態を本人が自覚したり、周りも認めているというような時も基本症状にあたります。

その他の症状とは食欲不振や食欲過多であったり、不眠や自分に自信が持てずやる気が起きなかったりする症状です。他には集中力や決断能力が低下したり、絶望感を感じたりするのも当てはまります。

条件とは憂うつな気分が2年間以上続いている。最初の2年間はうつ病の診断基準に当てはまらないという内容になります。

日頃の症状で気をつけることはあるの?

気分変調症というのはうつ病と比べると軽いということは言われていますが、周りの方との関わり合いを避けることもあり、消えてしまいたいという思いも出ることもあるため、その結果うつ病になってしまう危険性もあります。

早期に異変に気付けばいいのですが、外から見てもなかなか分かりにくいものであるため、本人一人で苦しんでいる場合があります。日常的に憂うつ感が続いたり、自分の性格の一つだと思い込んでしまい、苦しんでしまう方もおられます。

気分変調症に気付いたら気をつけることは?

気分変調症ですが、そのままにしておくと合併症を引き起こすこともあります。例えばパニック障害やパーソナリティー障害です。原因としてはストレス耐性の低下から不安に感じることが多くなり、引き起こします。

また、自尊心も低下するため精神的に落ち着きがなくなってくることで情緒不安定になりその結果、様々な障害も引き起こすことになります。

身近な方の異変に気付けば専門機関に相談されるのもよいかと思います。お伝えしたことが少しでもお役に立てば幸いです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ