うつ病治療には薬だけでなく筋肉トレーニングも併せて必要

うつ病は身体も頭も疲れきっている状態で発症しています。まずはすべてを休ませることが大切です。

しかし、回復から社会復帰をするためには闘病中からしておかなければならないこともあります。

うつ病の初期段階

うつ病と診断されると、医師からはゆっくり過ごしてくださいと指示されると思います。もちろん、身体を動かしたくても動ける状態ではないと思います。まず睡眠障害をコントロールする為に、睡眠導入剤、持続剤を処方されるので最初の数週間はひたすら夜・昼の区別なく眠り続けるしかない状態です。

薬を飲むために起きて何か食べて、また寝ての繰り返しです。たぶん発症前に食欲不振で痩せていた場合は、食欲増進剤も処方されるので食べることは食べ、身体を動かさないので体重が増加していく可能性があります。

回復期を迎えたら

治療が進み、症状に改善が見られたら少しずつ起きている時間を増やすようにしていきましょう。最初のうちは椅子に座っていることさえ辛いかもしれません。階段の上り下りも大変かもしれません。

まずは家の中で、衰えた筋肉をトレーニングしていきましょう。加えて、ベッドの上で出来るストレッチも良いと思います。簡単な前屈から、初心者でも出来るヨガのポーズ。少しずつ、動かさなかった筋肉を使っていくことが次のステップに進み為に必要です。

外に出てみる

うつ病で療養中は、どうしても家の中で過ごすことになります。また外に出る気持ちにもなれず、ましてや人と会うことなど難しい状況です。しかし、起きている時間が増えてきたら外へ出てみることに挑戦することも大切です。

まずそとの空気を吸う。かなりの気分転換になります。外を歩く。足腰を含め身体全体の筋肉を使うことになります。家の中ではなかなか動かせない部分を使う為、最初はすぐ疲れるかもしれません。

無理せず、散歩として少しずづ外にいる時間を増やすと良いでしょう。散歩は昼間をお勧めします。なぜならば太陽の光を浴びるとメラトニンの分泌を高めることが出来ます。メラトニンは睡眠の改善や集中力の向上に効果があるとされています。太陽光を浴びることで、うつ病にも効果があるとされています。

社会復帰にむけて

うつ病を克服し、日常生活を取り戻し社会復帰をする為にはどうしても体調の管理は大切になってきます。寝たきりですっかり鈍ってしまった身体を健康にするためには、少しずつの体力強化が必要です。

病状が改善をしてきたら、出来ることから筋力トレーニングを取りいれていくことを考えてください。そして、少しでも早く外へ出ることをお勧めします。外気に触れることは、社会復帰の第一歩です。

薬での治療と合わせて、筋力トレーニングにも取り組んでみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ