本当に飲んで大丈夫?副作用が気になる抗うつ剤について正しく知ろう!

もしもうつ病になってしまったら…。どれほど気をつけていてもうつ病になることが避けられないことがあります。

うつ病の治療には専門家の助けを借りることが大切です。治療の際には一般に「抗うつ剤」と呼ばれる薬品を使う場合が多いですが、気になるのはその副作用。

風邪薬などに比べると副作用が強いという認識がありますが、実際にはどうなのでしょうか。抗うつ剤について詳しく見てiきます。

病気を知ろう!うつ病とは?

どんなこともやる気が起きない?うつ病の典型的な症状!

うつ病になってしまうとどんな症状が現れるのでしょうか?「うつ」という病名から精神的な症状をイメージされることが多いですが、実はうつ病では精神的な症状と身体的な症状が同時に現れることが多いのです。

精神的な症状としては、

  • 抑うつ気分(悲しい気持ちになる、落ち込むなど)
  • 思考力の低下
  • 意欲の低下(今まで好きだった趣味ですらやる気になれない)

身体的な症状としては、

  • 睡眠障害(眠れない、夜中に何度も目が覚めるなど)
  • 食欲の低下(もしくは増加)
  • 頭痛
  • 動悸
  • 倦怠感
  • 胃痛

などがあげられます。

原因はストレス!

よく知られていることではありますが、うつ病の最大の原因はストレスです。

長期間にわたってストレスを受け続けたり、短い時間でも強烈なストレスにさらされた場合、うつ病になってしまう危険があるのです。

現代社会ではストレスを感じることは誰しも不可能です。ストレスと上手に付き合ってゆくことが大切です。

うつ病ってどうやって治す?うつ病の治療に必要なこと!

力を借りよう!周りの理解とサポートが必要!

ストレスのケアに気を配っていてもうつ病になってしまうことがあります。もしもうつ病になってしまうと、自分だけの力で完治させることは難しくなってしまいます。

まだまだ誤解の多い病気ではありますが、家族を始めとした周囲の人々の理解と協力が何よりの支えとなります。

決して自分を責めたり、周りと関わりを絶って自分の力で治そうと頑張ってはいけないのです。

専門家(医師)による治療!

うつ病治療の専門家は医師です。うつ病はその原因や仕組みが詳しく解明されつつある病気ですので、医師の力を借りて治療することが最も大切です。

医師による治療では、大抵の場合抗うつ剤を用います。次からの節で、気になる抗うつ剤の効果と副作用について詳しく見てゆきます。

三環系抗うつ剤(TCA)!

歴史的に一番古い抗うつ剤!

三環系抗鬱剤は歴史的には最も古い抗うつ剤で、1950年ころから治療に用いられるようになりました。

三環系抗うつ剤は古い薬であるためにその組成が荒く、脳の目的以外の部分にも作用してしまいます。これが副作用の原因となっているのです。

効果が発現するまでに2週間程度の時間がかかります。

効果は強力!でも副作用も強め!

先に述べたとおり、薬の構造が荒いため効果も副作用も強めのタイプの薬となっています。従って現在では安易には処方されず、他のタイプの抗うつ剤では効果が見られない場合や難治例に限って使用されるようになっています。

四環系抗うつ剤!

三環系の次に開発された!

三環系の抗うつ剤は強い副作用が現れやすいため、もっと体に優しい抗うつ剤を目指して開発されたのがこの四環系抗うつ剤というタイプです。

服用から1週間程度で効果を感じられると言われ、即効性の面でも三環系を上回ることができました。

効果は弱めで特に眠りの改善に!

安全性、即効性の面で三環系抗うつ剤を超える性能を持っている四環系ですが、効果の強さでは劣るとされています。

抗うつ効果は弱く主に睡眠の質を改善するために用いられるようになりました。

不眠を強く感じている患者さんによく処方されます。

バランス型の抗うつ剤!SSRI!

近年急速に普及!

最も新しいタイプの抗うつ剤です。SSRIとは、「SelectiveSerotoninReuptakeInhibitors」の略です。神経伝達物質の「セロトニン」を増加させることによってうつの改善を狙った抗うつ剤です。

作用の対象をセロトニンに絞っているために、脳の余計な部分に作用することがなくなりました。

よく効果が現れ副作用は弱め!

セロトニンは幸せのホルモンと呼ばれている神経伝達物質です。この物質を増やしてくれる(正確には減少させない)ことによってうつ状態が改善します。

多くの人に効果が見られ、また副作用が少なく安全性が高いことから近年ではうつ病治療では最初に用いられる抗うつ剤となりました。

なお、効果が発現するには服用から2週間程度必要であるとされています。

まとめ

うつ病の治療には専門家の助けが必要不可欠です。医師による治療では基本的には抗うつ剤が用いられます。

副作用の気になる抗うつ剤ですが、長い治療の歴史から様々なタイプが開発されており、副作用の少ない(安全性の高い)抗うつ剤もあります。

患者さんのタイプに合わせて医師が処方してくれますので、安心して服用しましょう。もしも耐え難い副作用が現れた場合には医師に訴えるようにしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ