解離性障害は治療する事ができるの?大事な事は信頼関係です!

人はだれも、幼い頃からのいい思い出や嫌な思いでも含めて経験した事などを基に考え方など方向が決まってきます。それが、ある1部分抜け落ちている人もいます。

他の人と旅行をした時に自分だけ何かに夢中になっていて、皆と同じ記憶がその部分だけ無いという事はだれにでもある事で問題はないのです。

ところが、その事が普段の生活の中に支障を出すような時もあります。これは、解離性障害になり治療が必要になります。今回は、この解離性障害の治療について調べました。

解離性障害は何?解離により日常に支障がある事!

解離性障害は、自分の記憶や意識に感情や行動などが自分から切り離されてしまいます。以前は、「ヒステリー」といわれていた時もありましたが今はそのような言い方はされなくなりました。

解離性障害の症状は、表れ方で色々な分類に分けられています。症状の発症パターンや、病気のステージや期間は色々とあります。心因性から生じる、心の病気です。

解離性障害の症状とは?

解離性障害の症状は、記憶に思考や感情などを自分から解離する事ですがその症状は色々とあります。代表的な症状を下記に挙げました。

    <代表的な解離性障害の症状分類>

  • 解離性昏迷は、突然体を動かしたり話したり出来なくなります
  • 解離性健忘は、自分に起きた記憶を切り離します
  • 解離性遁走は、自分がだれかという事を切り離します
  • 離人症性障害は、自分を切り離して離れた所から見ているように感じています。
  • 解離性同一性障害は、多重人格の事で複数の人格をもちます。

解離性障害かも?専門の医療機関を受診しましょう!

たとえ昏迷のような症状でも、何度か繰り返す事で周囲の人にも分かるようになります。自然と周囲の人との間もギクシャクする事にもなります。

他にも症状は色々とあります。周囲の人にアドバイスをもらった時や、少しでも変だなもしかしたらと気になる事がある時には迷わずに専門医を受診しましょう。まずは、精神科や心療内科の専門家のいる医療機関で相談をしましょう。

どこに行けばいいの?

精神科に抵抗がある時やどこに行けばいいのか分からない時には住んでいる所に自治体や保険所などに相談確認をしても大丈夫です。また、掛りつけの内科などで相談される事も良いでしょう。

病院での対応は?症状に合わせた対応がなされます!

病院では、専門医の面接から始まり質問票を診断の資料にする時もあります。そのようにして、慎重に患者さんの症状を診ていきます。

解離性障害の症状は色々あります。似た症状の病気があるので、今の症状が他の病気が原因でない事を確認する為に検査をします。

診断は専門医が必要に応じた診察をしてから出します。治療は、患者さんの安全を守り患者さんが安心できる環境を確保して医師との信頼を築くので時間も必要です。

原因が体の病気か検査?

解離性障害の症状の中には、てんかん発作のような症状もあるのでその様な時には脳波の検査や薬物使用の検査のために血液検査をします。

安全を守るとはどんな事?

解離性障害の症状の原因になっているものは、心的外傷後ストレス障害との関係が深いのです。ですから、その危険が今もある時には安全な場所を確保する事が治療の優先順位になります。

信頼関係と根気が必要!

治療の中ではいい時も悪い時もあります。いつでも正直に向かい合い、患者さんとの信頼関係の中で治療が進められる事が1番なので時間も掛かります。

家族はどうしたらいいの?症状を理解する事が大事!

解離性障害の症状は患者さんには、分かりずらい時の方が多いです。突然知らない人から話しかけられて戸惑う事や、自分で買った覚えのない靴やバックがある事で戸惑う事が少なくないのです。

身に覚えのない事で、周囲の人との間が上手くいかなくなり周囲の人の事だけでなく自分の事も分からなくなり孤立に繋がる事にもなります。患者さんの解離性障害の症状を学んで理解をしてあげる事が1番大事な事です。

孤立しないようにする!

解離性障害の症状が何度か繰り返される事で、患者さんは周囲の人とのトラブルを避ける為に周囲の人との間に距離をおくようになります。家族は孤立させないように注意が必要になります。

現実に戻してあげる事!

患者さんが解離性障害の症状から、現実の世界になかなか戻れない時には何度も呼びかける等をして本当の世界に戻してあげましょう。

なぜ解離性障害になったの?自分を守る為なのです!

解離性障害の原因は、心的外傷後ストレス障害による事が引き金なる事が多くあります。これは、突然事故にあい家族を失った事や突然事故などを見てショックを受けた事等もあります。

また、自分ではとても耐えられないような事が身に起こった事で心が修正できないほど傷ついた時に防衛本能として自分を守る為に表れる時もあります。

自分を守るとは何の事?

あまりにも辛いことが何度もある状況の中で、避ける事が出来ない時にはその辛いという感情などを自分から切り離して自分の心を守るのです。

まとめ

今回は、解離性障害の治療の事を基に症状や病院へ行った時の対応や必要な事そして家族はどうすべきなのかについて調べました。

症状は色々とあります。その為に病院での検査等も必要に応じて、色々とする必要があります。治療を始めたら、患者さんが安心して治療を進められる環境も必要で医師との信頼関係も必要になります。

時間も、周囲の理解も大事な事になります。病気は何でもそうですが、早期発見・早期治療が1番です。重症化させない為にも、早めの専門医への受診をお勧めします。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ