引きこもりの子供を持つ親の特徴は?無意識で追い詰める恐怖!

引きこもりは全国に推定300万人以上はいるとされ、その原因の一つには親の存在があるのです。そして引きこもりの子供を持つ親や家庭環境には引きこもりを作ってしまったり、より悪化させてしまういくつかの特徴があるのです。

その親の特徴は、子供を追い詰めるような結果を招く事が多く、引きこもりの子供を作ってしまう要因になってしまうのです。引きこもりの子供を持つ親や家庭環境の特徴について調べて見ました。

引きこもりを持つ親の特徴は?子供を追い詰める

引きこもりの子供を持つ親や家庭環境には、次のような特徴があり結果として子供を追い詰めるような状況となっているのです。

    <ダメな親の特徴的反応パターン>

  • 子供に回答させず先に回答してしまう
  • 家での雑談がほとんどない
  • 子供の話を最後まで聞かない
  • 条件をつけてしか褒めたり認めない
  • 知力だけを追い求め感情に目を向けようとしない
  • 子供に自分の意見を押し付ける
  • 子供に挑戦をさせない
  • いくらやっても更に上を要求する

引きこもりになりやすい家庭環境

引きこもりを作りやすい家庭環境にもやはり特徴があり、親が次のような特徴を持っている家庭は引きこもりを作りやすい家庭となるのです。

    <引きこもりを作る家庭環境>

  • 親の態度が上から目線で高圧で批判的
  • 短気だったり、せっかちでイライラしがち
  • 学歴主義の親で自分の学歴には劣等感
  • 過度にポジティブ又はネガティブに偏っている
  • 夫婦間が険悪、家庭での会話が無い
  • 親が過干渉か不干渉

親の性格の特徴は?口うるさい

引きこもりを招きやすい親の性格の一つに口うるさいというのがあります。この性格の親はその本人の子供をこうしたい、こうありたいという願望と実際の子供の現実にギャップがうまれやすく更に口うるさくなっていきます。

親が口うるさいと?

親が口うるさいと子供がどうなるかというと親の理想の高さと自分の現実の矛盾を受け入れる事が出来ず社会に出られない引きこもりとなってしまうのです。

夫婦仲が悪いと?注意が必要

引きこもりが生まれてしまう家庭環境の中の特徴で多く見られるのは、夫婦仲が悪いと言う家庭なのです。

夫婦仲が悪い家庭では?

夫婦仲が悪い家庭ではどのような事が起きているかというと夫婦の間に完全に亀裂ができていて全く会話をしないような状況により家庭内が無言状態となってしまう家庭や激しい感情で喧嘩ばかりが頻発するような家庭などとなってしまいます。

子供への影響は?

夫婦仲が悪いのは自分たちだけの問題と思っている親が多いのですが、このような親を持つ家庭環境は自分たちが思っているより重苦しくなっていて特に子供が思春期などの場合には、無意識のうちに精神的に病んでしまい引きこもりやうつ病になってしまうのです。

親が過干渉?引きこもりの導火線

親が過干渉な場合、引きこもりに対する影響は引きこもりの子供を作ってしまうケースと引きこもりをより悪化させてしまうケースとがあるのです。

引きこもりを作ってしまうケース

子供のやる事に対してなんでも干渉しすぎる親がいる家庭環境では、何をしても自分の意見が通らず全て親の言う通りにしていないとならない状況となってしまいます。

そうなると子供は自分の考えを持たなくなり黙って親の言うことを聞いておけばいいと言う諦めの感情を持つようになってしまいます。その結果、自分の望みを見失い引きこもりになってしまうのです。

引きこもりを悪化させる?

引きこもりになった子供を持った親の中には、このまま子供が社会に本当にでられなくなってしまったらどうしようという焦りや苛立ちから子供に必要以上に干渉するようになってしまうのです。

過干渉から発せられる言葉の数々は「これからどうするつもりなの?」とか「将来の事を考えているの?」「学校へ行け!」と言ったような質問を高圧的に繰り返すようになってしまいます。子供にとっては答えようの無い質問を繰り返されるうちに引きこもりがより悪化してしまうのです。

親の問題は何?無意識です

このような反応の特徴や家庭環境を持つ親の問題はなんなのかと言うと一番はそれらのことを無意識で行なっているということなのです。要は自分では悪い事をしていると思わずに子供の心を傷つける行為をしてしまっているのです。

親に共通する問題は?

このような親たちの根底にある共通の問題は、自分の人生や夢などを子供の人生に重ね合わせ親の価値観を子供に押し付けている事なのです。

引きこもりを持つのは?こんな親です

問題となる親はどのようなタイプが多いのかを見ておきましょう。

母親のタイプは?

引きこもりの子供を持つ母親のタイプは、人に迷惑をかけるのが嫌いな真面目な人で几帳面です。自分自身も甘えられずに育ってきて事もあり、人にものを頼んだり甘えたりすることが苦手で頑張り屋さんが多いのも特徴です。心配性の所もあり、口うるさく、命令口調になるケースも多く子供を支配する傾向にあります。

父親は?

父親についてもやはり性格は真面目で几帳面な人が多く冗談が苦手です。そして仕事人間な事から家族で一緒に団欒する事が少なく一緒に出かけたり行動を共にしないのです。結果、子供とどのように向き合っていいのか分からず子供に理性的にものをいうことが苦手で躾や教える事が出来ずただただ圧迫感を与える存在となってしまっている。

まとめ

引きこもりの子供を持つ親は、似たような特徴があるのです。その特徴は子供の意思とは関係なく親の思いや意思のとおり子供を動かそうとする傾向があり、その結果子供は自分ではどうにもならないような状況に追い込まれていってしまうのです。問題なのは、そのような状況に親は無意識のうちになっていて自分ではなかなか気づかないという事なのです。

子供を引きこもりにしない為には、親自身の性格や行動が引きこもりを作りやすい親の行動や言動となっていないかをチェックする事が必要で子供が伸び伸びと生活できる環境になっているかどうかを確認してみる事が大事です。

自分では思い当たる事が無いのに子供が引きこもりがちとなっているようであれば早めに相談できる専門機関に行く事がおすすめです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ