うつ病改善に効果がある光療法(ひかりりょうほう)とは?

太陽光療法(「ひかりりょうほう」と呼びます)とは、疑似的に太陽光を浴びることで生活リズムを整える療法の事です。

体内時計は25時間と言われており、それを24時間に調整するために行います。人工的に朝、強い光を直接目から浴びるようにして、体に太陽を浴びていると感じさせるようします。

朝日はなぜ必要?

なぜ、朝十分な光を浴びる必要性があるのでしょうか?

生活リズムの区連れが体調に対して影響を与えるというのは皆さんも実体験からご存知だと思います。

生活リズムが崩れると

例えば、夜遅く仕事が続けば肉体に疲労が溜まりますし、夜遊びを繰り返して徹夜などが頻繁に続けば十分な睡眠をとってもなんだか頭が痛いということはあるかと思います。私は、一日徹夜したら一週間はだめです。(笑)

うつ病においても生活リズムの乱れから発症したり、悪化したりすることが知られるようになりました。うつ病において現れる症状として、不眠症が挙げられます。なんだか疲れてるのに寝付かない日が続いたりします。そうすると、十分な睡眠がとれないまま次の日がやってきて、それが続いて起こると体調不良になってしまいます。

現代社会において、しごとで一日中オフィスにいるということはよくあると思います。一日に十分な太陽を浴びないと体が夜眠る準備が整わないく、なかなか眠れないと言うこと起こると分かってきました。

その生活リズムを整える方法として光療法が出てきました。

季節性うつ病

また、夏と冬を比べると、冬の方が日照時間が少ないため、その影響で出てくる「季節性うつ病」と言うものがあります。日航が少ないことにより体に影響が出て、うつ状態に陥る可能性が高くなるということだそうです。

北欧の国にこの季節性うつ病患者が多いと言われています。光を浴びる量が少ないためにうつ病になるというのが本当である証拠ですね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ