退職後にうつ病にならないための生活リズムの取り方は?

老後定年で退職した多くの人は、退職後の生活をどのように過ごしているのでしょうか?

毎朝、仕事場に出勤して働き帰宅する。そんなルーティーンの生活も退職後には毎日の出勤もなくなりリズムが変わってしまいます。

最初のうちは長年の疲れを癒やす時間としてゆっくりリラックスできるものの、すぐに退屈してしまい、だらだらと無為な日々を過ごすようになりがちです。

軽い運動でリズムを付ける

これでは体にも心にもよくありません。今までの出勤して仕事をするパターンに変わる何か別の生活のリズムを作る必要があります。

まずおすすめしたいのが軽い運動をすることです。毎朝時間を決めてウォーキングをするのはとても有効ですね。

しっかりと朝日を浴びることで脳内が活発になり体内時計が正常に作動するようになり寝付きも良くなります。もちろん健康維持にもいいですし、季節の変化なども楽しめます。また水泳も全身運動なので健康維持に役立ちます。

趣味やボランティア、旅行もいいです

他には何か趣味を見つけるのもいいと思います。現役時代に時間がなかったり経済的に出来なかったことなどあれば、時間はたっぷりあるので挑戦してみるのもいいですね。

近隣の社会教育センターや文化センターなどでいろいろなジャンルの趣味の教室を開催しているのでそれらを利用するのもいいかもしれません。

また、今までの恩返しとしてボランティアを積極的に行うというのも社会貢献につながりいいですね。他にはずっとあなたを支えてきてくれた奥様を連れて旅行に行くのもいいでしょう。

仕事の時間を埋めることが大切

何をするにしても、退職後に何かしらの行動を習慣的にすることで、今までの仕事があった部分を埋めることが出来ます。そうすることによってボケや精神的な老化、神経症など心の病気を防ぐことができます。

そのような退職後の生活リズムがつかめず、うつになる高齢者は実際に多いという話を聞きます。退職後は時間的にも経済的にも何でもできるチャンスだと捉えて、明るく前向きに過ごすことで第二の人生を楽しむことができるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ