うつ病を克服するポイントとは?ストレスと上手く付き合う方法について

うつ病になってしまったら、あなただったらどうしますか?もしもうつ病になってしまったとしたら、どのように克服していけばよいのでしょうか?

うつ病はとても身近で、誰でもなる可能性がある病気の1つです。うつ病になると、大変つらい経験を重ねることになります。意欲がわかない、ご飯が食べられない、夜眠れない等、体も心もボロボロになってしまう可能性があります。

時間はかかると言われています。でも、治らない病気ではありません。今日はそんなうつ病を克服するポイントについて紹介していきたいと思います。

うつ病を克服するには、原因を探すことが大切

まずは、どうして自分がうつ病になってしまったのかについて、改めて考えてみましょう。うつ病になる原因として「ストレス」が挙げられています。ストレスにはいくつか種類があると言われています。

直接的なストレス・間接的なストレスがうつ病の原因

ストレスには、うつ病の直接的な原因となるようなストレスと、直接的ではないにしろ間接的にじわじわと負担になってくるストレスの2種類があります。2つのストレスは「変化」という言葉でまとめることが出来るでしょう。

人間は大きな変化が生じた場合に、対応することには時間がかかるようになっています。少しずつの変化であれば、早く対応することが可能ですが、変化が大きいと対応に時間がかかり、それがストレスとして経験されます。そして、変化は日常場面で様々なところで現れているのです。

人間関係の変化

親しい人が亡くなってしまった、恋人と別れてしまった、友人と喧嘩をして絶縁してしまったなどと、人間関係の終わりは大きな心理的影響を与えます。それだけでなく、新しい友達が出来り、結婚や出産で新しい家族が増えたと言う変化も、場合によってはストレスになることもあります。

また、それまで仲良くしてくれた友人から突然冷たく当たられたり、それまであまり親しくなかった人から突然親しくされたりすることも、ある種の変化です。関係性自体の変化もストレスになる可能性があります。

環境の変化

転校や引っ越し、転職などの変化もストレスの一因です。慣れ親しんできた生活のリズムが変わり、付き合う人が変わり、新しく色々なことを経験して覚えていかなければなりません。また、昇格や降格などの役職の変化や、進学や進級など学年の変化によっても影響される人もいます。

自分の変化

例えば加齢に伴って、それまで出来ていたことが出来なくなったり、見た目が変わったりすることで、想像していた自分と実際の自身の姿が異なり、ストレスに感じることもあります。また、思春期に第二次性徴を迎えたり、高齢期にホルモンバランスが崩れたりするなど、成長に伴う変化に自分自身がついていけなくなることもあるようです。

様々な変化を経験することで、成長することもあればうつ病になることもある

自分の変化、環境の変化、人間関係の変化は、直接的に生じることもあれば、じわじわと続く変化をストレスに感じることもあるでしょう。このような変化は、成長のチャンスでもあります。

しかし、変化に対応することが出来る能力は人それぞれで、同じ変化に対しても対応できる人と出来ない人がいます。そして、十分に対応できなくなった時に、そのストレスがうつ病の症状として現れる可能性があるのです。

うつ病を克服するポイント①:ストレスを減らしていこう

ストレスがうつ病を引き起こす可能性があるため、まずはそのストレスを減らしていく必要があります。先述したように、ストレスには直接的なものと間接的なものがあるため、そのストレスを減らしていくような工夫をしてみましょう。

ポイント:直接的なストレスを減らしていく

直接的なストレスが何かが分かっていれば、物理的にそのストレスから距離を置くようにしてみてください。例えば、嫌な人がいて、その人と関わることがどうしてもストレスだと言う場合は、出来るだけその人とやり取りをしないで済むように工夫をすることが必要です。可能な範囲で、嫌な仕事を後回しにすることも大切です。

ポイント:間接的にストレスを減らしていく

しかし、直接的なストレスの原因が見つからないこともあります。その場合は、間接的にストレスを減らすような生活を送ることが大切です。例えば、規則正しい生活を送る、バランスの良い食事をとる、休みを少し増やすなど、体の調子を整えることです。それによって、心の持久力を高めることが出来ます。

うつ病を克服するポイント②:自分の考え方を変える

また、うつ病は捉え方の疾患であるとも言われています。色々なことを自分に責任があるように感じすぎてしまっていたり、悲観的に捉える傾向はありませんか?そのような考え方が自分の事を追い込んでしまう事もあります。先ずは、自分にネガティブに考えやすい癖があることを知ることが大切です。自分の癖を見つけていきましょう。

ポイント:自分の考え方を変える

もし自分の考え方の癖を見つけることが出来たら、「また同じような考え方をしている」自分に気が付くことが出来るはずです。このことを自覚することが出来るようになったら、少し立ち止まって考えてみましょう。もしかしたら必要以上に悲観的に考えているかもしれません。

うつ病を克服するポイント③:お医者さんなど専門家に相談する

しかし、ストレス源であることは分かっていても仕事を辞めることが出来なかったり、ママ友との付き合いをやめることが難しいなど、ストレスと距離を取りたくても取れないことがほとんどだと思います。また、間接的にストレスを解消したくても、不眠に悩まされていることもあるのではないでしょうか。そんな時は、お医者さんに相談してみてください。

ポイント:投薬治療

うつ病の薬は強いんじゃないかとか、副作用があるのではないかと不安になることもあると思います。しかし、毎日押しつぶされそうな不安感を抱きながら生活をしたり、眠れない夜を何日も過ごすよりは、薬に頼った方が健康的です。薬は恒久的に使う物ではありません。うつ病を早く克服するための良きパートナーになってくれるでしょう。

ポイント:カウンセリング

自分の心の中を整理するのに、一人では抱えきれない気持ちがあったり、頭が混乱して整理することが出来なくなることもあります。そんな時はカウンセリングを受けてみてください。心理士が一緒に気持ちを整理してくれます。

まとめ:ポイントを組み合わせてうつ病を克服しよう

うつ病を克服するための様々なポイントを紹介させていただきましたが、これらのポイントは複数組み合わせることでより力を発揮するものです。自分に合ったポイントを見つけて、うつ病を克服していきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ