怠けなんかじゃない!うつ病でやる気が起きない理由!

なんだか最近何にもやる気がおきない…。そんなふうに感じてはいませんか?もしかしたらそれはうつ病のせいかもしれません。

近年多くの方々に知られるようになったうつ病ですが、まだまだ正しい認識がされているわけではありません。

うつ病について正しく知り、自分の状態としっかりと向き合ってみましょう。うつ病になると感じる症状とその改善に焦点を当てて説明します。

うつ病ってどんな病気?病気について正しく知ろう!

うつ病が引き起こす症状!

うつ病になってしまうと、次のような症状が現れます。

  • (特に朝)気分が落ち込む
  • 悲しい気持ちになる
  • 集中力が低下する
  • 好きだった趣味にさえやる気が起きない
  • 誰とも会いたくない

これらはいずれも精神的な症状ですが、頭痛や動悸が起こるようになるなど体も不調を訴えます。

気分の落ち込みと体の不調が同時に現れたら、うつ病の黄色信号と言えます。なるべく早めに医師に相談しましょう。

最大の原因はストレス!

長い期間継続的にストレスを受け続ける人、大きなストレスにさらされた人などはうつ病になってしまう危険性が高いと言われています。

ストレスを全く感じないように社会生活を送ることは非常に困難です。過度のストレスに気をつけ、ストレスを発散させることが大切です。

次の説では、ストレスとうつ病の関係についてお話します。

うつ病は怠けじゃない!仕組みが解明された病気です!

人間の感情を司るのは脳!

人間の心はどこにある?…これは永遠の疑問とも言えるものですが、科学の世界では人間の感情を始めとする心の働きは脳が司っていると考えられています。

従って、精神的な症状が特に強く現れるうつ病という病気では、この脳の働きに傷害が生じてしまっていると考えるのが一般的なのです。

ストレスで減少!神経伝達物質の働き!

それでは、一体どういう仕組みでうつ病の精神症状が起きてしまうのでしょうか。この鍵を握っているのは神経伝達物質という化学物質です。

神経伝達物質とは、神経細胞の集合体である脳や、体の様々な細胞の間で情報のやり取りをする際に使われる化学物質のことで、沢山の種類があります。

この神経伝達物質の中に、セロトニンという人間に幸福感をもたらすものがあります。うつ病の患者さんの脳内では、このセロトニンという神経伝達物質の量が減少しているということがわかっています。

うつ病は怠けではない!

うつ病の人は単に怠けているだけであるという、悲しい誤解がまだまだ世の中に蔓延っています。しかし、今までお話したように人間の感情を司っているのは我々の脳であり、中でも神経伝達物質の分泌量が大きな影響力を持っています。

つまり、うつ病で精神的な辛さを感じるということは脳の機能に障害が発生しているということであり、他の病気と何らかわりはないのです。

神経伝達物質が減少してしまう原因、それがストレスだと言われています。このことが、ストレスがうつ病の最大の原因であると言われている所以なのです。

うつ病になりやすい人!注意すべき性格とは?

ストレスを溜め込みやすい人は要注意!

うつ病も他の病気と同じようになりやすい人とそうでない人がいます。結論からお話すると、ストレスを感じやすかったり溜め込みやすい性格の持ち主はうつ病になりやすいと言えます。

ストレスに弱いという自覚がある人は注意すべきと言えます。

どんな性格の人が危ない?うつ病になりやすい性格!

具体的にどのような性格の人がストレスを感じやすいのかをご紹介します。一般的にストレスを溜め込みやすい性格と言われているのは次のようなものです。

  • 真面目
  • 向上心が強い
  • 完璧主義者
  • プライドが高い
  • 悲観的
  • 自意識過剰

これらの性格の特徴の中には、社会の中で高く評価されやすいものも多く含まれ、それ故に責任のある立場を任せられて、さらなるストレスに晒されるという悪循環に陥りやすいです。

これらの個性はストレスには弱い側面もありますが、大いに役に立つ場合もあります。上手にストレスと付き合っていきましょう。

やる気が出ない時はどうする?その対処法!

さて、本題のやる気が出ない時の対処法ですが、急にやる気がみなぎってくる魔法のような対処法はありません。

うつ病でやる気が起きないというのは、上で述べたように病気の症状の一つですので、治療に専念して回復を待つことしかできないのです。

医師や家族など、周りの助けを借りながら治療に専念しましょう。

うつ病は治せる!治療を続けることが大事!

専門家の助けを借りよう!

やる気を取り戻すためには、うつ病を回復させることが必要です。繰り返しとなりますが、うつ病は病気ですので専門家(医師)の助けを借りて治療を行うことが大切です。

診療科は精神科や心療内科が一般的です。今はうつ病治療を行ってくれるクリニックも各地にたくさん出来ていますので、気軽に相談に行くことができます。

時間はかかる、でも…!

うつ病は一度ついてしまった(神経伝達物質に関する)脳の癖を元に戻していくことに近いので、通常、治療には長い時間が必要です。

しかし、諦めずに治療を続けていけば必ずうつ病を克服することができます。周囲の人達のサポートしてもらいながら根気よく治療を続けましょう。

まとめ

うつ病でやる気が出ないのは甘えであるとか、気持ちが弱いからだという悲しい誤解がまだまだ世の中には存在します。

しかし、うつ病は脳の機能に障害が起こっている、仕組みが解明されつつある病気です。

誤解の多い世の中ですが、うつ病は、専門家の力を借りながら治療を続けることで必ず克服できる病気です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ