まるで台風の目?周りを巻き込む境界性パーソナリティ障害の5大特徴

境界性パーソナリティ障害の人との関わりは、近くなればなるほど困難を極めると言う非常に厄介なものです。病的な虚しさや寂しさを決して拭い去れないと言う点が、人間関係を非常に困難にしている部分だとも言えます。

このタイプの人から気に入られたり好きになられる、つまりターゲットになってしまうと、自分の精神がおかしくなってしまうのではないかと思うくらいの徹底的に心理的な部分を攻撃されます。まさに恩を仇で返すような言動や行動をとります。そんな境界性パーソナリティ障害の5つの特徴についてまとめていきます。

第一印象は超良い人!が!すぐに豹変?

最初は、とても人当たりが良い事が多いでしょう。初めての場所で初めて仲良くなった救世主のような存在として現れるかもしれません。もしくは、とても可哀想な立場を他人にアピールする事も上手いので、放っておけないような雰囲気を醸し出しながら近づいてくるかもしれません。

人の心を掴む術

自分が望むような相手の心を掴む事に非常に長けています。もしも、自分が相手を完全に支配するような関係を求めている時には、手を差し伸べるように近づき、その逆に自分の事をかまってくれるような相手を求めている時には、相手から手を差し伸べさせるような近づき方をします。

その相手が、自分から望んだ上で、そのような関係性になったのだと思わせる術を生まれながらにして身につけていると言っても過言ではないでしょう。

更に強く取り込む術

そして、相手が自分に対して興味を示したら、次の段階に持っていく素早さも並大抵ではありません。知り合って間もないのに、こんなに仲良くなれるなんて。と相手が勘違いしてしまうほど、相手に合わせた対応をして急速に仲を深めます。

その時にプレゼント攻撃をする人もいるでしょう。やたらと物をプレゼントしておいて、この先に何かあったとしても、相手が断りにくいような状況を作り上げます。

気に入られたら最後!標的は逃さない?

この人だ。とターゲットとして絞り込まれたら、蜘蛛の巣にかかった羽虫のようなものです。イエスと答えても、ノーと答えても自分の都合の良い方に受け取り、自分が意思表示する事は無意味で虚しい事なのだと諦めざるを得ないような状況に追い込まれます。

相手の自己主張は許さない

徐々に支配が始まると、一応求められた意思表示への返答は全て却下されるようになります。例えば「どこに行きたい?」と聞かれるため、自分が「ここに行きたい」と答えたとします。もしも意見が一致していれば問題はありませんが、違っていた時は最悪です。

「どこに行きたい?」と聞いたから答えただけなのに「私はあそこに行きたかったのに…」と、まるで行きたい場所を無理に主張している事を責められるような展開になります。そこを指摘すると、更に被害者的発言はヒートアップしていくので、面倒になり意見を合わせてあげなくてはなりません。

全ては自分の思い通り

相手の意見を尊重していなくては、面倒な事になる。かと言って、そんなに自己主張するような内容の話でもないので、こちらが折れていれば、それで良い。そんな風な付き合い方が、そもそもの支配関係の始まりだと言えるでしょう。

徐々に思い通りにしたいのは、一緒に出かける行き先程度では済まなくなり、正解が左だったとしても、右だと答えない限りは許さない。イエスかノーかというレベルの意思表示でさえ完全に自分の思い通りにコントロールしようとします。

白から黒へ急変?激しすぎる気分のムラ!

関係が近くなってくると、最初の印象から180度真逆の人間性が垣間見えるようになります。最初は自分が面倒を見てあげなくては何もできない人だと思っていたのが、いつの間にか、思い通りの行動や言動ができないと不機嫌になって攻撃してくることもあるでしょう。

仲良くなったら突き放す

かなり親しくなり関係が近くなると、ある日突然、突き放されてしまいます。「あなたとは、もう付き合いたくない」「気が合わない」などの原因不明の離別宣言をされてしまったり、理不尽にぞんざいな扱いを受けて腹が立ったり傷つけられたりするでしょう。

それは、ある意味、仲良くなりすぎた。という最初の段階のサインです。この段階で危険を察して距離を取ったり離れる方向に持っていく事が出来たなら、境界性パーソナリティ障害の人から受ける被害は最小限に抑えられたと思った方が良いでしょう。

突き放すのは試し行為

もしも、離れたり距離をとるという選択ができなかった場合。どうして?なぜ?ある日、突然突き放されてしまったのだろう?私は嫌われてしまったのだろうか?そういうネガティブな思考にとらわれてしまっているでしょう。自分の何が悪かったのか?原因は一体なんだったのか?

そのような事を考えるのは無駄です。ただの気分のムラでしかないからです。今日は仲良くしたくない気分だっただけなのです。数日経過すると何事もなかったように親しげに近づいてくるはずです。

ですが、それを受け入れてしまうという事は「私がこんな態度を取っても、この人は私のことを嫌いにならない。」という確信を持たせる行為でしかなく、境界性パーソナリティ障害の人の餌食になった瞬間とも言えるでしょう。

満足知らず?常に誰かにもっと求める!

一度、餌食になってしまったら、果てしなく満たされない寂しさや虚しさを埋めるためのお手伝い要員として、ひたすら振り回され続ける事になってしまいます。決して満足する事がないので、その確認行為に付き合っているだけで疲弊していく事は確実です。

虚しさや寂しさのもと

境界性パーソナリティ障害の人が相手を完全に支配したい、コントロールしたいと思う根本には、見捨てられる事への極度の不安があります。その見捨てられ不安が、果てしない虚しさや寂しさを噴出し続け、誰かに「もっとかまって」「自分の事だけを見ていて」と無理な要求をしてしまいます。

その見捨てられ不安は非常に根深いものですから、男女であれば結婚すれば、これで相手は自分の事を信じてくれるはず。などと思ってしまいがちですが、そういう訳には行かず、更に関係性を強化したいという欲求は強まり、相手を疑い試したりする行動はエスカレートする事が多いでしょう。

もっと求めて逃げられる

誰でも許容量というものがあります。大抵の人は、これ以上この人に関わる事は自分を破滅させてしまう。こんな関係を続けていたら自分の精神が崩壊してしまう。そう恐れを抱くでしょう。そして、相手は段々と離れていってしまいます。

見捨てられる事に何よりも大きな不安と恐怖を感じるために、なんとか関係性を保って気持ちを繋ぎ止めておこうと必死に追いかけてきます。その追いかけ方は、さらに相手を恐怖に陥れ、追えば追うほど相手は逃げるという状態になっていく事は当然の成り行きです。

オオカミ少年?困ると自殺を仄めかす!

もしも、自分から標的が逃げていくなどの恐れがあったり、逃げられてしまったために、キープしていた人材との関係性を強化するために、よく使う手段が「死にたい」という一言です。

死にたいくらい辛いの略

もしも、自分が餌食としていた標的の人が、自分から離れていこうとしている。もしくは、離れたい。別れたい。などの告白を受けてしまったら、それは相手が自分を「見捨てます」と言っているようにしか聞こえません。誰かから見捨てられるという経験は、何にも代え難い苦痛だという表現として「死にたい」という言葉が使われます。

もしも相手から「あなたのせいで死ぬ」と言われたら、何とか死なないようにしなくては、と相手の要求に応えてしまい、結局関係性を断ち切る事が出来なくなる。これでは思うツボで、全く解決には繋がらない選択だと言えます。

本当は死ぬ気はない?

よく本当に「死にたい」と誰かに伝えるのは、止めて欲しいから。などと言った話を聞きます。それは人それぞれの考え方で「死にたい」と予告してきたから死ぬ気はない。と考えるのは軽率でしょう。しかし「自分の死」を盾にして他人に何かを要求するという方法は正しくありません。

たとえ「あなたのせいで死ぬ」と言われたとしても、自分で死ぬ事を決めて実行するのは本人の責任であり本人の問題です。ですから「死」を盾にして関係性の継続を求められても断る。そのくらいの強い決意がなければ、境界性パーソナリティ障害の人の呪縛から離れられないとも言えるでしょう。

まとめ

境界性パーソナリティ障害の人と安易な気持ちで関わるのは、とても危険な事です。お互いにとって、最悪の結末という事もあり得ますし、自分自身が精神を病んでしまうところまで追い詰められてしまう事も珍しくはありません。

ですが、境界性パーソナリティ障害は性格が悪いのではなく病気の症状です。ただ、忌み嫌うのではなく、このような大変な生きづらさを抱えている事を理解した上で必要な距離をとった付き合い方をしていく必要があると言えます。境界性パーソナリティ障害の特徴を最後にリストにまとめておきます。

    <境界性パーソナリティ障害の5大特徴>

  • 第一印象と少し仲良くなってからの印象がまるで逆
  • 人間関係の距離の縮め方が急速過ぎる。
  • ある日突然、無視されたり理不尽な対応で傷つけられる
  • 相手の自分への好意や興味を試したり、しつこく求める
  • 相手が離れそうな気配を感じると「死ぬ」と言い出す

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ